« ティルト・シフトレンズ Canon TS-Eレンズ | トップページ | ティルト・シフトレンズによらない同効果の表現 »

2011年1月 1日 (土)

Canon TS-Eレンズの使い方

前回はティルトとシフトについて解説しましたが、今回はCanon TS-Eレンズそのものの操作についてレポートします。

私が現在所有しているレンズは、TS-E24mm F3.5L IIとTS-E90mm F2.8の2本ですが、だいたいの構造はシリーズで共通ですのでこれから買われる方には参考になると思います。

このシリーズはティルト、シフトそれぞれをレンズ側面についたつまみを回すことによって調整します。

110101a_2◆TS-E90mm F2.8のティルト、シフト動作 <拡大します>

レンズ反対側にはティルト、シフトそれぞれのロックつまみがあり、それをゆるめてからティルトつまみ、シフトつまみを回すのですが、それぞれ標準(ニュートラル)の位置で軽いクリックがありますので、指標を確認しなくても標準状態はわかります。

このレンズシリーズはマニュアルフォーカスなので、撮影時にはフォーカス、ティルト、シフトと調整する項目が3つ(ロックつまみも入れると5つ)になり、三脚を使っている時はまだしも手持ちの場合には、左手の作業が煩雑です。

ティルト機構は、90mmとそれ以外の機種で異なる点があります。

110101b◆ティルト機構の説明図

ティルトのセンターをレンズの主点に近くする必要からか、90mmではティルトのカーブが逆になっていて、つまみの回転が逆方向になります。90mmとそれ以外を使うときに動作を間違えやすいので要注意です。

 

シフト(ティルト)を利かせる向きを変える「レボルビング」は、レンズサイドのレボルビングロック解除レバーを押しこみ、レンズを回転させます。

レボルビングは両方向に90°行えますが、途中30°ごとにクリックがあります。

110101c_2◆レボルビング解除レバー

上記の説明図、写真において、ティルト・シフトの軸が平行になっているのに気付いたでしょうか。

実は、工場出荷状態では、この軸は直交しています。それぞれのつまみを作動しやすいようにそうしているのでしょうが、実際の撮影(特に物撮り)では、どちらかのみを使うことより、両方を同軸で使う(テーブルに並んだ皿すべてにピントを合わせるとともに立ったボトルのパースを補正する等)ことが多いため改造してあります。

改造といっても、パーツを組み直すだけの簡単な作業なのですが、基本はサービスセンターで変更(有償)してもらう作業です。

レンズのティルト・シフトユニットのマウント側にある4本のネジをはずし、90°回転させて取り付け直せば完了です。

110101d◆ティルト・シフト軸の変更作業 <拡大します>

0番のプラスドライバーがあれば1分で終わる作業ですが、この際、絞りへの電気ケーブル(基盤状のケーブル)を筺体ではさまないように注意が必要です。(あくまでも自己責任においての作業で、一般にはサービスセンターに持ち込むのをお勧めします)

 

ティルト・シフトの軸が変更できるとはいえ、平行、直交、片方の状態でしか使えないのは不便と考えてか、新型の2機種(TS-E17mm F4L、TS-E24mm F3.5L II)では、 平行、直交(および任意の角度)を可変にする「TSレボルビング機能」が追加されました。TSレボルビングロック解除レバーを押しこみ鏡筒を回すことで、シフトとティルトの角度が調整できます。

110101e◆ TS-E24mm F3.5L II TSレボルビング機能 <拡大します>

旧型では、どちらかの状態しか選べないため、このレンズ群を多用するプロの中には直交のままのもの、平行にしたもの2本を持っている人もいるほどで、この改良はありがたいのですが、はやいところ90mm、45mmにも付けて欲しいものです。

|

« ティルト・シフトレンズ Canon TS-Eレンズ | トップページ | ティルト・シフトレンズによらない同効果の表現 »

TS-Eレンズ」カテゴリの記事

コメント

初めてお便りさせて頂きます。私も十年程前にTS-E90/F2.8を中古で購入し、これまではあまり利用出来ずに保管庫に冬眠中の状態でしたが、貴方様の記事を読んでいくうちに少し興味がわき保管庫より出して使ってみたいと考えております。そんななかでティルト・シフトの理解はしておりますが、私のTS-E90レンズについていますレボリング機能(左右90度へ可動・30度毎のクリック調整可能)の使途が取説書からは不十分で分かりません。
付きましては、このレボリング機能の詳しい使い方を何か参考写真と併せてご説明・ご解釈お願い出来れば有り難いのですが、お手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。

投稿: enjoyphoto | 2011年10月31日 (月) 11時05分

コメントありがとうございます。
90度の回転がカメラを縦位置にするときに必須であるのは容易に想像がつくと思います。
中途の角度がどんなときに必要になるかは、なかなか適切な例がすぐには出てきませんが、そのうちにこのブログでも取り上げたいと思います。

投稿: seimas | 2011年10月31日 (月) 18時55分

初めまして。最近ts-e24mm を入手しましたがパンホーカスに撮るのに
ティルト角度と被写体との距離、角度の関係がよく分かりません。取説には全く記載はなく困惑気味です。
詳しい取扱いの方法、参考書、資料などご存じてしたら教えて頂きたくよろしくお願い致します。

投稿: ken | 2012年1月24日 (火) 23時41分

kenさん、はじめまして。

ティルトは慣れるまでは根気が要ります。まずピント面がどう変わるか原理を覚えましょう。拙ブログでも解説しております。
http://seimas.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-0e65.html

また、各レンズでの一覧表も作成してみました。
http://seimas.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-b368.html

ぜひ、ご一読ください。
解説書などについては、あまり知識がないもので、ご紹介できないことをお詫びします。

投稿: seimas | 2012年1月25日 (水) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Canon TS-Eレンズの使い方:

« ティルト・シフトレンズ Canon TS-Eレンズ | トップページ | ティルト・シフトレンズによらない同効果の表現 »