« レベリングベースと410の2軸化 | トップページ | 風邪でダウン、ギックリ腰でダウン »

2011年6月18日 (土)

LEDライトCN-126の電池の持ち

110618a

LEDライト「プロ機材」の「CN-126」 は販売店の公称で「連続点灯:約3時間(アルカリ単3電池)」と謳っているのですが、実はそんなに持ちません。というか、どの段階までを「点灯」というかによると思うのですが、スチルのブツ撮りなどにメインの照明として使っているとすぐに暗くなってきます。

実際使っている感じでは2時間持っていないので、では実際にどんな感じで落ちるのかデータを取ってみようと思い、実験しました。

机の上1mに真下に向けたCN-126をディフューザーを付けずに設置し、周りを暗幕で覆い、20分毎に照度を測定。アルカリ電池(FUJITSU Rspec)だけでなくニッケル水素充電池(サンヨーエネループ)でもデータを取り、それぞれの特徴を把握しようとしました。

露出計でEV値で計ったほうがカメラ関係には実用的ですが、ちょうど露出計を修理に出しているので照度で我慢してください(もちろんしっかりしたデジタル照度計です)。

照度LからEVへの換算は以下の通りです。

EV = log2( L / 2.5 ) (ISO100でのEV値)

計測結果はこのようになりました。

110618b

フル点灯で3時間は無理ですね。さすがにエネループでは一定時間安定して点灯していますがその後ガクッと落ちます。3時間より前にほぼ消灯しています(2時間40分後の照度は1lux未満でした)。アルカリでは徐々に落ちていき、あるところでぐっと下がりますが3時間後でも一応点いてはいます。

明るさが半分(カメラにおいての「1段分」の変化)を限度とすると1時間半がいいところでしょうか。

110618c 1時間半で電池の交換はつらいので、出力を絞って使うとどうなるか次に計測してみました。

絞ると言っても半分以下では実用的ではないので、約70%位に(照度計の値で先ほどの明るさの70%を目安に)してみたのですが、その位置がボリュームをフルにしてその位置をセンターまで戻した位置がこの値になります。

ペンでボリュームのローレットの間に色を塗っておくとよいでしょう。

70%点灯ではこのようになります。

110618d

2時間20分後のデータが都合により取れていませんが、傾向の把握には問題ないようです。

だいぶ長持ちするようになりました。先ほどのように照度が半分になる時間を実用時間とするならアルカリでは3時間以上は持つことになりますが、やはりその間に徐々に下がりますので、露出の設定を変更する必要があるでしょう。

エネループでは2時間ほぼ一定した照度が得られますので、最初の露出設定で2時間使いつづけられます。交換までの時間がアルカリよりは短いとはいえこちらを使用するほうがよさそうです。

このCN-126は単3電池以外にも、何種かのビデオ用バッテリーにも対応していますが、私はしっかりしたビデオカメラを持っていませんので実験できません。どなたかそちらでのデータをお持ちならぜひ比較したいのでご連絡ください。

|

« レベリングベースと410の2軸化 | トップページ | 風邪でダウン、ギックリ腰でダウン »

撮影用LEDライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LEDライトCN-126の電池の持ち:

« レベリングベースと410の2軸化 | トップページ | 風邪でダウン、ギックリ腰でダウン »