« 商品撮影用便利ツール | トップページ | CN-126用自作ディフューザー -1 »

2011年12月 5日 (月)

X100 ハンドストラップ再考

20111205a

過去の記事「X100にハンドストラップを付ける」
でご紹介したエツミのハンドストラップ【E-418】は、一眼用でストラップ幅もあり、しっかりとホールドしてくれるのですが、match Technical Services の Thumbs Up EP-5Sを使い始めて、「もう少し華奢なものでよいかな」と考えるようになりました。

20111205b 最近見つけたのが、ソニーがNEX3,5用に純正品で出しているリストストラップ STP-WS1です。

コンデジ用の先端のヒモが細いものでは、ちょっと重めのX100で使うのは心許ないのですが、このSTP-WS1はそこそこ太いひもになっていて(公称耐荷重850g)、ストラップ本体も本革ではないものの、撚紐のデザインがちょっと高級感がありX100に似合います。

「SONY」のロゴがエンボスで入っていますが、そうは目立たないので良しとしましょう(笑)

 

20111205c

ストラップの途中に、移動する留め具がついているので手首にフィットさせることができるのですが、通常はバッグやポーチに入れて、撮影の間の落下防止のためにストラップを使用する私の使い方ではあまり必要とはしません。

カメラに付ける先端の紐は、X100のストラップ取り付け部の穴に直に付けられるかと思ったのですが、さすがにそこまでは細くなく(平たい形状です)、三角カンを使用して取りつけなければいけません。

20111205d E-418はかなり広いストラップなので重量が分散され、手首に食い込むことはないのですが、このSTP-WS1はそれに比べるとはるかに細いため結構食い込みます。

長時間使用されるにはキツイかもしれませんが、右の写真のように、納まりは良好です。

カメラホールド時の手首へのストラップの掛かりはだいたい同じですが、E-418で気になっていた「ストラップの長さを調節するプラスチック金具が手のひらとカメラの本体に挟まれてホールド感がいまひとつである」という点(下の写真参照)が、このSTP-WS1では改善されます。

20111205e

カメラストラップはサードパーティーを含め、各社から各様のものが出ていて、LeicaX1用のハンドストラップ 18713なども良いと思うのですが、しばらくはこのSTP-WS1を試してみます。

|

« 商品撮影用便利ツール | トップページ | CN-126用自作ディフューザー -1 »

FinePix X100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X100 ハンドストラップ再考:

« 商品撮影用便利ツール | トップページ | CN-126用自作ディフューザー -1 »