« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の2件の記事

2012年5月24日 (木)

病院通い 2

20120524a 先週切ってもらった傷口のチェックで、再び病院を訪れました。

傷口は無事ふさがっているとの事で、これで終わりかと思いきや、結局、老廃物が溜まる「袋」を摘出しなければ、また発症するとのこと。

総合病院なので、形成外科に連絡してくれて、一ヶ月後に手術(といっても20分程度とのこと)しましょうとなり、面倒なので今日、手術の予約をいれてしまいました。

こんなこともあろうかと(長い時間待たされることもあろうかと)カメラを持っていったのですが、さすがに人が写っているものは公開もできませんので、私の不安感を感じとっていただけそうなカットの一枚でも。。。(目の良い方はおわかりのように逆ティルトをかけた写真です)

 

久しぶりにTS-Eレンズをスナップ撮影用に持ち出しました。24mmを7Dに付けたので換算35mmというまさにスナップレンズですが、大きく重たいマニュアルフォーカスでスナップというのも変ですね。

逆ティルトの「ジオラマ風以外」の作例になればと2,3アップします。

20120524b

20120524c

20120524d

パンフォーカスのためのティルト、建物などを違和感なく撮るためのシフトに加え、第三の表現「逆ティルト」をマスターして、「ジオラマ風写真」にも通じる不思議な遠近感、立体感を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

病院通い

20120520a

連休あたりから背中が痛くて気になっていたら、「粉瘤腫(ふんりゅうしゅ)」になっていました。ちょうど肩甲骨の真ん中、背骨の上なので座り仕事をしていると椅子の背に当たり仕事になりません。連休明けに近くの総合病院の皮膚科に。

いわゆる「こぶ」ですが、要は皮膚表面で行われることが表皮の内側で起こっている。老廃物が外に吐き出されずに中にたまって大きく膨らんでいるのだそうです。

「まず、抗生物質で炎症をおさえましょう」と言われ、一週間後に「切って中身をまず出しましょう」と、小さな切れ目を入れて中身を出すことに。

その後3日ほど連続で通院し、「思ったほどひどくないので、連日の通院は今日まで。あと1週間ほどは自宅で化膿止めを塗って、来週またきてください」と言われ、今日で3日目です。

それにしても総合病院って時間がかかりますね。徒歩15分ほどのところにあって便利なのですが、着いて番号札を渡され、その科の待合室で待たされ、診断が終わったら今度は会計の番号札。。。

結局2時間以上かかるので、私のように自由業で自宅で仕事をしていて時間をつくろうと思えばなんとかなるならいいのですが会社員だったら連日の通院は難しいですよねぇ。

来週、一度診てもらいますが、最終的には形成外科で袋状になった患部を手術で取るほうがいいようなので気が重たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »