« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の5件の記事

2012年9月29日 (土)

TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -2

20120930a

さて、エクステンションチューブによる接写をする場合にどれだけ被写体が拡大されるかは、キヤノンであれば「レンズカタログ」にデータが載っています。

20120930b
■写真は2010年版「EFレンズ/EOSアクセサリー カタログ」

これを見ればおわかりのように、TS-E90mmにEF12をつけた場合、距離指標を「∞」にしたときに0.14倍、「0.5m」にしたときには0.43倍となり、標準の場合(0.29倍)の1.5倍程度までの拡大画像が得られることがわかります。なので「それを参考にしてください」って言って終わりにすることもできるのですが(笑)、

実はエクステンションチューブは単体で取り付けるだけでなく、2枚、3枚と複数連結して使うことも一向に問題のない(もちろんレンズによりつかないものもあります-物理的につかないのではなく結像しない)もので、そのデータは記入がありません。特にTS-E90mmでは、かなりの枚数の連結が可能です。

私が持っているのはEF12、EF25各1個(枚)なのですが、友人からEF25を借りることができたので、EF12、EF25、12+25、25+25、25+25+12といった組み合わせでどれだけ拡大できるか実験しました。

また、撮影時には撮影距離も大事ですが、レンズ先と被写体の間の距離=「ワーキングディスタンス」も重要になる(ライティングができるかどうか、スタジオ撮影では重要ですね)のでそれも計測しました。

ちなみに被写体は定規を撮るのもつまらないので、MacBook13inchのキーボードにしました。キーサイズがおよそ16mm角なので雰囲気がつかめると思います。

20120930c

20120930d

20120930e

20120930f

20120930g

20120930h

 

前回、「エクステンダーを使う方法もある」と書き、「樽型の歪曲収差が大きくブツ撮りには不向き」とお伝えしましたが、こんな感じです(エクステンションチューブとエクステンダーを組み合わせることも可能です)。

20120930i

20120930j

このようにEF25が2個とEF12があれば(またはEF12、EF25、EF1.4×があれば)、等倍マクロが可能です。

等倍は実現できないものの、EF25が1本あれば、0.6倍まではシームレスにマクロ撮影ができます(0.3倍まではノーマル、0.3~0.6倍まではEF25を付ける)。一般的にはこれだけで十分でしょうが、等倍がどうしても必要なときは3本が必要となります。しかし純正品はちょっと高価で、それを3つ買うとなると躊躇するかもしれません。

20120930k そこで、当然サードパーティーからも出ている訳ですが、通常勧められるのは ケンコー・トキナーの「デジタル接写リングセット キヤノン EOS EF/EF-S」 でしょう。

12mm,20mm,36mmの3つのリングがセットになっている製品で、純正品より組み合わせのパターン(延長距離のパターン)が増えます。

これら3本をつなげると全長は68mmになり、上のEF25を2本にEF12を組み合わせたもの(EF12は12mm、EF25は25mmのチューブです)より若干長くなるのでその分拡大でき、また、36mm1本でEF12+EF25とほぼ同じ使い方ができます。

純正品を上の組み合わせで3本揃えるよりずっとお得で、融通がつきやすい。もちろん光学性能は劣らない(素通しの筒ですから)、電気接点も特に問題ないと思われる(特にTS-EではAFがなく絞り用の通電だけです)ので、とてもいいのではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -1

20120923a

キヤノンTS-E90mm F2.8 はティルト・シフトができることはもちろん、焦点距離の程良さ、歪みや収差の少なさで、私がブツ撮りをする場合、ほとんどこれ1本で済ませています。

このTS-E90mmは最短撮影距離が0.5mであり最大撮影倍率が0.29倍となるので、1倍であるマクロレンズには及びませんが、かなり拡大できることも「これ1本で済む」ことの理由です。

ただ、2cm位の大きさのもの(例 指輪)を単品で写すとなると、この撮影倍率では足りなくなります。

ここで「撮影倍率」のおさらいです。(こちらに来られる方は大体理解されているでしょうから、余計なお世話でしょうが一応おさらいしましょう)

20120923b

「撮影倍率」は「被写体が撮像素子に写るサイズが実物の何倍であるか」の表現です。メーカーによっては(例えばレンズメーカーのシグマでは)その逆数で表示することもあります。「最大倍率 1:5」はキヤノンでは「最大撮影倍率 0.2」となります。

フルサイズであれば約36mm×24mmのものが画面いっぱいに撮れるのが「撮影倍率 1」。同じ「撮影倍率 1」のレンズをAPS-C(キヤノン)に付けて撮るなら、約22mm×15mmのものが画面いっぱいになります。(カメラメーカーにより、この撮影倍率も「フルサイズ換算」と枕詞をつけるところがあるのですが、私はそれには賛同しません)

キヤノンなどでは「マクロレンズ」は「撮影倍率 1」で作ってますので、2cm位のものをフルサイズで画面いっぱいに撮りたいとなるとマクロレンズが適切となります。

しかし、マクロレンズを使わずとも、既存のレンズにアクセサリーを付けることで大きく撮る(撮影倍率を上げる)方法がいくつかあります。

  1. クローズアップレンズを付ける
  2. エクステンションチューブを付ける
  3. エクステンダーを付ける

クローズアップレンズはフィルター同様、レンズ前面に付けるものなので、付け外しが楽です。しかし余分なレンズを付け加えるので、主レンズの光学特性(収差や解像感)を若干損なうことになります。また複数のレンズで使おうとすると、フィルター径毎に用意しなければなりません。

エクステンションチューブは3の「エクステンダー」と似た呼称なので区別がついていない方もよく見かけますが、「中間リング」とか「接写リング」とも呼ばれる、「レンズ本来の最短撮影距離をさらに短くする」ものです。

レンズとカメラの間につけることから、フィルター径に関係なくどのレンズにも使える一方、付けるには「一度主レンズをはずして、チューブをマウントに付け、再びレンズをチューブに取り付ける」という手間がかかり、「無限遠にはピントが合わなくなる」ため接写でないときは再び逆の手順で戻す必要があります。

しかし、ただの素通しの筒なので、主レンズの光学特性を損なわない(厳密に言えば、設計上の外で結像させるので、劣化がないというわけではない)というのが大きなメリットです。

エクステンダーは、通常は望遠レンズに付け望遠効果を増すためのもので、付かないレンズも多いのですが、TS-Eレンズには問題なく付けられます。このエクステンダーは「焦点距離を長くする」と一般的に説明されますが、要は「像を拡大する」原理なので、等距離からの撮影で拡大像が得られます。また無限遠もそのままですから、付けっぱなしで「引き」も「寄り」も撮れるメリットがあります。一方、数枚のレンズを組み合わせた光学系ですので、どうしても収差や解像感は劣化します。特に近接撮影時は樽型の歪曲が出ますので、ブツ撮りには不向きです。

(上記3つに加え、リバースリング(リバースアダプタ)を使ってレンズを逆付けする接写方法もあるのですが、絞りが解放でしか写せないのと、90mmの焦点距離のレンズでは効果がないので割愛します)

 

そこで私はもっぱら、2のエクステンションチューブを使う方法で撮影しています。

20120923c
■左から エクステンションチューブEF25、同EF12、エクステンダーEF1.4x II

私が持っているのは、キヤノン純正のエクステンションチューブ
Extension TubeEF12
Extension TubeEF25
で、それぞれ12mm、25mmの延長ができるものです。

これらは現在、新型の エクステンションチューブEF12II および エクステンションチューブEF25II となってEF-Sレンズにも対応していますが、私の持つ旧タイプは古い設計で内径の都合上、EF-Sレンズには使えません。

また、エクステンダーのほうは1.4倍のエクステンダーEF1.4x IIを持っていますが、こちらの現行品も、光学特性が高められた エクステンダーEF1.4x III になっています。

つづく

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

MacBookのバッテリー換装

20120917a

というわけで、MacBookの妊娠バッテリー(笑)は見事新しいものに交換されました。

さて、「買いに行こう」と前回締めくくったのですが、その後調べてみるとこの機種では以下の方法があります。

  1. バッテリーが自分で交換できる形式の機種なので、交換バッテリーが市販されており、それを購入し自分で交換する。
  2. 交換できる形式とはいえ、不具合なので購入店(や修理受付をしているショップ)に持ち込む
  3. AppleStoreに修理相談として持ち込む

「買いに行こう」と書いたのは、まず 1.の方法が思い浮かんだからなのですが、バッテリー膨張によって「クリックが効かない」という本体側の不具合があり、修理としての適応も考えられます。ならばまだショップの5年保証が効く私の場合は無料にでもなるのかと、まずは購入したショップに電話相談。

ところがバッテリーは5年保証の対象外とのこと。もうひとつ気になったのは、この方法だと修理に時間がかかるのではないかという懸念。Appleの正規サービスプロバイダでもあるショップなので、「持ち込んでその場で修理できませんか」などと相談していると、「時間は掛る可能性もある。費用も当のバッテリー代に修理費用が上乗せされるのでAppleStoreに持ち込むほうが安いですよ」と親切に教えてくれる。

そこでネットで調べたら、AppleStoreのGenius Barに持ち込めば、メーカー内のパーツ代であるところの9,030円で済むとのこと(販売バッテリーは14,800円)。ありゃ、これが一番か。

 

20120917b そこで渋谷のApple Storeに行くことに。

Genius Barでの相談、修理持ち込みにはAppleサイトでの事前予約が必要なので、昨夜遅く、今日の午後のとある時間で予約。

行ってみると、休日午後ともあって、Genius Barのある2階は大変な混雑。

予約時刻の10分オーバーで私の番が回ってきたので、症状を説明すると、この手の持ち込みは多いのか、スタッフはテキパキした対応。

「こうしましょうか」という説明がしっかりあり、OKすると下の倉庫からバッテリーを持ってきて、新品でのチェック(チェックは当然こちら側)、支払い終了まで約10分。

おかげで本体の預かりなしで、しかも一番安い方法で解決しました。

なお、その時にあった説明で、「製品として売られる交換バッテリーには製品としての保証(1年)が付くが、交換修理の場合は修理作業保証なので保証期間は90日となる」とのこと。見た目には全く同じ「バッテリーを交換する」ことも、厳密にいろいろなことを決めると、細かい部分でおかしな現象が発生しますね。

しかも「自分で交換する」より「人に交換してもらう」ほうが安いってのも、考えてみればおかしな現象でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

MacBookが妊娠した

20120915a

買って4年近くになる私のMacBook。MacBookPro同様の、アルミ筺体になった最初のモデル「Late 2008 Unibody」ですが、今日、使おうと思って起動したら、トラックパッドのクリックが効かないのを発見。

いつもは外付けのキーボード、マウスを使用しているのでトラックパッドは利用しないし、持ち出して使うのもこの2ヵ月ぐらいしてなかったので気が付かずにいたが、いったい、いつからだろう。。。はて、クリックが効かないってなんかあったよなぁ。。。と、本体をひっくりかえして裏ブタが膨らんでいるのを見て「そうだ。バッテリーが膨張したんだ」と気がつく。

20120915b

MacBookや同Proのトラックパッドは非常に薄いアッセンブリーパーツなので、バッテリーが膨らむとクリックが効かなくなることを前にどこかで読んだのを思い出しました。

フタを開けてバッテリーを確認すると見事に膨らんでおりました(笑)

20120915c

過去アップルでは、この症状のバッテリーを無償で交換したこともあったようですが、今は「充電余力がなくなった」バッテリーと同じような扱いで「普通に」購入しなければいけないようです。

まあ、危険なくらい高温になったり爆発したりするのとは違い、危険はないのですが、「膨らむのは仕様です」的な解釈にはちょっと疑問も。膨らむことで「クリックできない」という不具合が起きるのだから「仕様です」はないんじゃないでしょうか。

まあ、4年も経って、そろそろパワーも落ちてきたことだし、買い換えましょう。明日にでも買いにいかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

LaVie Touchに保護シートを貼る

20120901a

20120901b 非常にマイナーなタブレット「LaVie Touch LT550/FS」、既に大手店頭からは姿を消し、net通販では5万円台になってきましたが、EOS Utilityを使うテザー撮影用としてはベストな解のため、しばらくは使うつもりです。

そこで気になるのが液晶表面のキズ。当然買った時に貼ってしまうのがベストですが、液晶保護がしっかりしたバッグも手にいれたのでしばらく素のままで使ってみましたが、さすがに小さいキズが付きはじめ、そろそろ貼らなければ、となりました。

買ったシートはサンワサプライのLCD-LT550KFPですが、LaVie Touch用としてはこれしかなく、表面仕様は「指紋防止 光沢タイプ」のみとなってしまいます。

表面の質が変わったため気になるのが、タッチペンのすべり具合。本体は「サラッ」とした表面だったのが、この保護シートは「ピタッ」とした感じです。

20120901c 先に購入の エレコム AVA-PA10TPBK (左)は抵抗が大きくなり過ぎ、字や線を書く、あるいはアイコンをドラッグするなど、表面で滑らす作業では全く使い物にならなくなりました。また オウルテック Touch Wand(Dタイプ) (右)は抵抗が少ないのは良いのですが定めた場所に的確にはペン先が合わないため、やはり使いづらいことが判明。

新たに違うタイプを試してみることに。

まずは、Touch Wandの別タイプ、オウルテック Touch Wand(Mタイプ)

20120901d

Dタイプ(左)より細いペン先で、ペン先を保護するため、キャップをペン先側にはめることができるようになっているものです。その時にペン先の毛がキャップとの間にはさまれないように凝った作りになっています。なお、「オウルテック」と表記しましたが、製造会社は「ミナトエレクトロニクス株式会社」となっており、オウルテックは販売代理店のようです。

もうひとつ、新たに見つけたのは、プリンストンテクノロジー Touch Pen nano

20120901e

これはペン先にカーボンナノチューブを採用したものだそうで、布のように織り込んだ形状に見えます。

既に使っていた2点と今回の2点のペン先を比較してみると、

20120901f
■左から Touch Wand(Dタイプ)、Touch Wand(Mタイプ)、AVA-PA10TPBK、Touch Pen nano

Touch WandもMタイプでは随分細くなっています。AVA-PA10TPBKは6mm径ですが、それと同等の細さです。一方、Touch Pen nanoはそれよりも若干太い仕様です。

ペン先が細いほど、タッチしようとする場所が隠れにくいので細かい作業に適していると思うのですが、滑り具合やペン全体の重さも考えた使いやすさでは、この4つの中ではTouch Pen nanoが一番使いやすいと感じました。

これ以外にタッチペンは様々なタイプがあって色々比較もしたいのですが、しばらくはTouch Pen nanoを使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »