« MacBookのバッテリー換装 | トップページ | TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -2 »

2012年9月23日 (日)

TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -1

20120923a

キヤノンTS-E90mm F2.8 はティルト・シフトができることはもちろん、焦点距離の程良さ、歪みや収差の少なさで、私がブツ撮りをする場合、ほとんどこれ1本で済ませています。

このTS-E90mmは最短撮影距離が0.5mであり最大撮影倍率が0.29倍となるので、1倍であるマクロレンズには及びませんが、かなり拡大できることも「これ1本で済む」ことの理由です。

ただ、2cm位の大きさのもの(例 指輪)を単品で写すとなると、この撮影倍率では足りなくなります。

ここで「撮影倍率」のおさらいです。(こちらに来られる方は大体理解されているでしょうから、余計なお世話でしょうが一応おさらいしましょう)

20120923b

「撮影倍率」は「被写体が撮像素子に写るサイズが実物の何倍であるか」の表現です。メーカーによっては(例えばレンズメーカーのシグマでは)その逆数で表示することもあります。「最大倍率 1:5」はキヤノンでは「最大撮影倍率 0.2」となります。

フルサイズであれば約36mm×24mmのものが画面いっぱいに撮れるのが「撮影倍率 1」。同じ「撮影倍率 1」のレンズをAPS-C(キヤノン)に付けて撮るなら、約22mm×15mmのものが画面いっぱいになります。(カメラメーカーにより、この撮影倍率も「フルサイズ換算」と枕詞をつけるところがあるのですが、私はそれには賛同しません)

キヤノンなどでは「マクロレンズ」は「撮影倍率 1」で作ってますので、2cm位のものをフルサイズで画面いっぱいに撮りたいとなるとマクロレンズが適切となります。

しかし、マクロレンズを使わずとも、既存のレンズにアクセサリーを付けることで大きく撮る(撮影倍率を上げる)方法がいくつかあります。

  1. クローズアップレンズを付ける
  2. エクステンションチューブを付ける
  3. エクステンダーを付ける

クローズアップレンズはフィルター同様、レンズ前面に付けるものなので、付け外しが楽です。しかし余分なレンズを付け加えるので、主レンズの光学特性(収差や解像感)を若干損なうことになります。また複数のレンズで使おうとすると、フィルター径毎に用意しなければなりません。

エクステンションチューブは3の「エクステンダー」と似た呼称なので区別がついていない方もよく見かけますが、「中間リング」とか「接写リング」とも呼ばれる、「レンズ本来の最短撮影距離をさらに短くする」ものです。

レンズとカメラの間につけることから、フィルター径に関係なくどのレンズにも使える一方、付けるには「一度主レンズをはずして、チューブをマウントに付け、再びレンズをチューブに取り付ける」という手間がかかり、「無限遠にはピントが合わなくなる」ため接写でないときは再び逆の手順で戻す必要があります。

しかし、ただの素通しの筒なので、主レンズの光学特性を損なわない(厳密に言えば、設計上の外で結像させるので、劣化がないというわけではない)というのが大きなメリットです。

エクステンダーは、通常は望遠レンズに付け望遠効果を増すためのもので、付かないレンズも多いのですが、TS-Eレンズには問題なく付けられます。このエクステンダーは「焦点距離を長くする」と一般的に説明されますが、要は「像を拡大する」原理なので、等距離からの撮影で拡大像が得られます。また無限遠もそのままですから、付けっぱなしで「引き」も「寄り」も撮れるメリットがあります。一方、数枚のレンズを組み合わせた光学系ですので、どうしても収差や解像感は劣化します。特に近接撮影時は樽型の歪曲が出ますので、ブツ撮りには不向きです。

(上記3つに加え、リバースリング(リバースアダプタ)を使ってレンズを逆付けする接写方法もあるのですが、絞りが解放でしか写せないのと、90mmの焦点距離のレンズでは効果がないので割愛します)

 

そこで私はもっぱら、2のエクステンションチューブを使う方法で撮影しています。

20120923c
■左から エクステンションチューブEF25、同EF12、エクステンダーEF1.4x II

私が持っているのは、キヤノン純正のエクステンションチューブ
Extension TubeEF12
Extension TubeEF25
で、それぞれ12mm、25mmの延長ができるものです。

これらは現在、新型の エクステンションチューブEF12II および エクステンションチューブEF25II となってEF-Sレンズにも対応していますが、私の持つ旧タイプは古い設計で内径の都合上、EF-Sレンズには使えません。

また、エクステンダーのほうは1.4倍のエクステンダーEF1.4x IIを持っていますが、こちらの現行品も、光学特性が高められた エクステンダーEF1.4x III になっています。

つづく

|

« MacBookのバッテリー換装 | トップページ | TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -2 »

TS-Eレンズ」カテゴリの記事

レンズアクセサリー」カテゴリの記事

コメント

つづき早くお願いします。ワクワク。当方sデミプロ。こちらのブログのおかげでTS-E90mm購入、直後から料理撮影の仕事受注、納品できました。感謝いたします。

投稿: pink | 2012年9月25日 (火) 22時25分

ミスタイプすみません。「セミプロ」です。

投稿: pink | 2012年9月25日 (火) 22時26分

pink様、お久しぶりです。
無事納品おめでとうございます。

おまたせしました(笑)TS-Eレンズネタです。TS-Eの解説、様々な方がされているとは思うのですが、「実用的に」「体系立てた」ものがなかなか無く、抜け落ちた情報も多々見られるため、自分の頭の中を整理するためにもこのようにご紹介しております。

pink様のようにレスポンスをいただけると作っている者としては大変励みになります。今後ともよろしくお願いします(次回の内容、ご期待ください)。

投稿: seimas | 2012年9月25日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -1:

« MacBookのバッテリー換装 | トップページ | TS-E90mm F2.8でマクロ撮影 -2 »