« 撮影用LEDライト Camlight PL-88 | トップページ | GITZO三脚の裏ワザ 脚長の延長 »

2012年10月28日 (日)

Camlight PL-88 その2

20121027a

Camlight PL-88は映像作成、特に報道などで便利なように設計されていて、スチル主体の私がレポートするのも何ですが、これが結構使えるモノです。

前回、「漸次暗くなっていくためマニュアル撮影時には露出の変更が必要」なバッテリー式のLEDライトにおいて、「この製品は解決している」と説明しましたが、実際の計測データをお見せしましょう。1mの距離でのセンター照度の測定です。

なお、比較のためCN-126のデータ(電池はエネループ)も併記しますが、「LEDライトCN-126の電池の持ち」 の回のものではなく再度計測したものです。

20121027b

最初に降下はあるものの、見事に1ルクス前後の差で明るさ(照度)が維持されています。やはりフル点灯では2時間持たないのですが。絞ることによってかなりの長時間の連続撮影が可能です。

20121027c 20121027d 背面の調光スイッチにより出力が変えられます。目盛は2刻みで2から10までありますが、必ずしも2が10の1/5の明るさというわけではありません。これも上と同様に1m離しのセンターでの照度測定で

目盛 照度 lx
10 1,360
8 1,090
6 900
4 720
2 540
On 150

となっています。(上のデータとは測る条件が異なってますので数値は一致していません)

また、背面のバッテリー状態のLEDインジケータは、満杯で緑のみ、減るに従って緑+橙、橙、橙+赤、赤と変わります。

赤のみになるのはバッテリーがかなり減った状態ですが、赤のみになってからも(フル点灯時で)6~7分はライトの明るさは維持されますが、その後ブルブルっと明滅して「スーッ」と完全に消えます。インジケータが赤だけになったら慌てず撮影を終了する準備に入れば撮影中にランプが消えて困る(特に動画時に)ようなことはありません。

 

20121027e また、付属のディフューザーは弱めの乳半プラスチックを「シボ」で荒らしたタイプのもので、透過性は高い半面、拡散性はそう高くありません。

実際の照射の状態を目で見た感じに近く写真に撮ったものが以下のものです。

白塗装の壁に向かって1m離れた地点から照射しています。(カメラはその後ろ約1mから、レンズは40mmで撮っています)

20121027f 20121027g

「インタビューライト」といったジャンルの、ムービーカムのシューに取り付けて人物などを照射するのがメインですので、光の「散り具合」はこんなところでしょう。

20121027h またもうひとつ付属のタングステン変換フィルターは色プラスチック製のこれまた「カポッ」とはめ込むタイプです。

これにより 6100ケルビンの光(器具スペックでは5600Kになっていますが私のカラーメーターではこう出ました)が3700ケルビンに変換されます

右の写真はカメラ(5DII)のホワイトバランスを5600K(左)、電球(右)で撮ったものです。

電球光下でのミックス光は私の場合まず使わないのであまり用はないのですが、5DIIのWBとの相性は良いようです。

コンパクトながら、現場での要求にそこそこ応えている、なかなか良い製品だと思います。スタジオでのブツ撮り用に開発されたものではないのですが、小物などの場合、ちょっと工夫(ディフューザーなど)すれば十分使えるアイテムです。

|

« 撮影用LEDライト Camlight PL-88 | トップページ | GITZO三脚の裏ワザ 脚長の延長 »

撮影用LEDライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Camlight PL-88 その2:

« 撮影用LEDライト Camlight PL-88 | トップページ | GITZO三脚の裏ワザ 脚長の延長 »