« 撮影機材 ある日の荷物 | トップページ | PL-88とCN-126 色温度 »

2012年11月24日 (土)

PL-88にピッタリなソフトボックス

20121124a_2

前回の記事でサラッとご紹介したソフトボックス(バンク)について詳しく解説します。

Camlight PL-88 は映像用の機器のため、スチルで使われるアクセサリーについては考慮されていません。汎用的なものを工夫するしかないのですが、ジェネ用ヘッドにせよモノブロックにせよ、一般的なストロボに比べるとこのLEDライトはあまりにも小型なため一般的な汎用スピードリングが使えません。

様々なショップを探したところ、プロ機材の 小径用のスピードリング付きの60センチ角のソフトボックス が使えることが、新宿ショールームに行って現物をチェックしてみてわかりました。

20121124b この商品は、同社の小型激安ストロボ FALCON SS-110BFALCON SS-150B 用に用意されているようなのですが、「直径7~9.5cmのストロボに使えます」との説明の汎用タイプです。

右のようなセット(写真は取説より)なのですが、内面銀色の本体 -①、スピードリング -③、リングに差し込み本体をテンションで広げるスティック -④からなる一般的なタイプで、ディフューザー -⑥に加え、中間ディフューザー -②も付いているものです。

 

20121124c スティックはピアノ線のしっかりしたもので、先端も金属の頑丈なものです。

スピードリングはアルミダイキャスト製で先にプラスチック製の押し当てがついた4本のねじを締め込んで固定するタイプです。

また、内面の銀色のシートも適度なシボの入った本格的なもので、安い「蛍光灯ソフトボックス」にありがちな「銀紙に毛の生えたようなもの」とは違います。

激安とはいえ一応ストロボに使うためのものなので、しっかりしたスタジオでの使用に耐えるモノではあります。

 

20121124d これがおもしろいことにPL-88にぴったりなのです。

右のような寸法体系なのですが、リング内径(はさむものの最大径)は、このパーツがダイキャストであることから「抜きテーパー」によって前面の径が100.5mmあり100mm径の灯具がはまります。

一方「最小取付径」も、押しねじの先の押し当てパーツ(プラ製袋ナット)を若干緩めて接着剤で固定すれば、60mmまで小さくなるため、62mm径の本体を十分締め付けられます。

20121124e

ねっ、ピッタリでしょ。これを発見したときは思わず笑ってしまいました。

このソフトボックス、60センチ角でちょっと大きめなので深さも40cmとなり、光源からディフューザーまでが遠いため光量が結構落ちます。

被写体50cm程度離して照らすと670lx、写真撮影用の表記にすれば、f/4.5 1/60 ISO400 ぐらいにしかならず、当然モノブロックやクリップオンに比べればかなり非力です。(実際には現場の地明かりがあるので1段ぐらい上ですが)

20121124f しかし、前回の仕事のような条件「室内で夜、会場の光の下、すでに並んでいる料理を、短時間に、まわりに迷惑がかからないように、おいしそうに撮る」なんて場合には、電源コードもひきずらず、光の状態を確認しながらパシャパシャ撮ることができて大変便利です。

ただ、食べ物をおいしく見せる定番の「半逆光」で撮るにはスタンドで置くか、誰かに持ってもらわなければならないのがちょっとしたネックですが。

当日の写真はさすがに掲載できませんので、後日、同じような条件で撮ったもの(上:部屋の明かり 下:ライト使用)でみていただきますが、よりパキッとした絵にはなります。

ピントの浅さは別としても、上のほうが柔らかそうでいいんじゃないかって?まあ、部屋の照明の条件が良かったのか、結果そうなってしまいましたね(笑)。
(上:f/3.2 1/60 ISO800 下:f/6.3 1/50 ISO800)
*当日はEF50mmF1.4にエクステンダーEF12を使用しましたが、この写真はTS-E90mmによるものです。

|

« 撮影機材 ある日の荷物 | トップページ | PL-88とCN-126 色温度 »

撮影用LEDライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PL-88にピッタリなソフトボックス:

« 撮影機材 ある日の荷物 | トップページ | PL-88とCN-126 色温度 »