« LaVie Touch vs ThinkPad Tablet 2 -その2 | トップページ | スライドプレート BENRO MPB20 »

2013年2月23日 (土)

最近気になっている製品2点

20130222a

 

「気になる」といっても、このTS-Eレンズそのものではなく、TS-Eレンズに関わるアダプター関係です。いずれもまだ買ってませんし、特に「買わなければならないもの」ではないので、購入後にこのブログで使用談を取り上げることもないでしょう(笑)。

20130222b 1点目は proPsolution のTSE Adapterという製品です。

要はTS-Eレンズ用の三脚座ですが、これを付けることで通常の三脚取付方法(カメラを固定する)で発生する「シフトで起こる視差をなくす」ものです。

「TS-Eレンズ ティルト・シフト応用編 -2」の回でご紹介したシフト画像をスティッチする方法。厳密にはレンズ主面でシフトしないときれいなスティッチは得られません。理由は「X100用簡易パノラマ雲台」の回 のパノラマ撮影時の視差と同じような原理で、カメラを三脚に固定しレンズを移動する方法では、近景と遠景に視差によるズレが出ます。

(間違いではないが誤解を招く表現なので訂正します。 シフトでは回転するわけではないので「レンズ主面でシフト」ではなく「レンズを固定し、カメラをシフト」と言ったほうが正確です 2013.05.26)

TS-Eレンズのうち、17mm、24mmは鏡胴のパーツが共通で、ちょうどシフトノブのある場所に平らな面があるので、そこを挟むタイプの三脚座です(この製品の上の切り欠きや中程の欠いた部分がシフトノブをよけるためのものだとおわかりでしょう)。

日本では株式会社テイクが扱うようで、オンラインショップで購入可能です。私は特にはTS-Eを使ったスティッチ作業はしないのですが、以前からこんな三脚座ができないかと思っていたので非常に気になります。

 

20130222c 2点目は Metabones のSpeed Booster。こちらは様々なところで取り上げられていますのでもう既にご存じでしょうが、EFレンズやライカレンズをSONY EマウントやFUJI Xマウントに変換するマウントアダプターで、フルサイズ時の画角で写すことができ、f値も小さく(明るく)なるというものです。

一般的には、開放のボケや、明るくなってより速いシャッターが切れる面(だからSpeed Boosterですが)が注目されていますが、私はTS-Eレンズが本来の画角でNEXでも使える点に注目しています。AF、ISにも対応するので EF-Eマウントは75,000円もします がTS-Eレンズではどちらの機能も関係ないですね(笑)。

ティルト・シフトレンズのしっかりしたものはキャノン・ニコンにしかありません(しかも17mmの焦点距離はキャノンのみ)ので、NEXでシフトやティルトを楽しむにはマウントアダプターが必要ですが、NEXはAPS-Cフォーマットなので、マウント変換だけではせっかくの17mmレンズも換算25mm程度のそれほど広くない広角レンズにしかなりません。

仕事では万が一のことを考えて予備カメラの携行を標準としている方は多いのですが、予備がフルサイズでないと使用レンズもそれ用の予備が必要となってしまい荷物がかさみます。私はケースによりますがあまり予備を持っていきません(危険だなぁ)。

コンパクトなNEXで(あるいはEOS-Mで)フルサイズと同様にサブで携行できたらいいなとかねてから思っていました。特にTS-E17mmを使うような場合は、それに相当するレンズがないので、こんなマウントアダプターは便利なのではないでしょうか。EOS-M版が出たら面白いですね。

|

« LaVie Touch vs ThinkPad Tablet 2 -その2 | トップページ | スライドプレート BENRO MPB20 »

TS-Eレンズ」カテゴリの記事

レンズアクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/56826224

この記事へのトラックバック一覧です: 最近気になっている製品2点:

« LaVie Touch vs ThinkPad Tablet 2 -その2 | トップページ | スライドプレート BENRO MPB20 »