« GITZO GK1580TQR5の雲台GH1780TQR | トップページ | ボール雲台の耐荷重実験 »

2013年3月30日 (土)

SUNWAYFOTO DDC-G1

20130330a

 

GITZO GK1580TQR5の雲台GH1780TQRに、アルカスイス互換規格のクランプが付けられればいいなという話を前回しましたが、中国のSUNWAYFOTOからズバリ、このGH1780TQR専用のものが出ています。SUNWAYFOTO DDC-G1 というものですが、付属のアッパーディスクと置き換える幅50mmのクランプです。

20130330b

SUNWAYFOTOもBENROと同じく、様々なクランプやプレートを製品として持っているメーカーで、「スライドプレート BENRO MPB20」の回 にご紹介したスライドプレートと 同じような製品 もあります。

20130330c このDDC-G1は完全にGH1780TQR専用のもので、3本のネジで固定するようになっていて、ジッツオのディスクと同じように、センターの穴のガイドも設置されている親切な設計です。

クランプ締込のノブも短めのもので、RRSやKIRKのものなどではノブを手前にして使用する場合に「アゴに当たって不愉快だ」とよく聞くことを改善しているのでしょう。

ただしこのモデルにはノブの反対側に水準器がついており、水準器の見やすさを考えるとノブを被写体側にして使った方が良いでしょう。

また、このモデルの水準器はユニットになっていて本体にネジ止めされているので、簡単にはずすことができます。ネジで取り付けてあることからこの水準器の水平の精度がちょっと疑われるのですが、まあ問題ないようです。

20130330d 製品には取り換え用のネジ(ステンレスの六角穴付きボルト)と六角レンチが付いているのですが、これがGITZO付属ののものより長い(右写真 ステンレス色-SUNWAYFOTO、黒クロメート-GITZO)ので使えません。

雲台本体側のネジ受け穴は、ネジ切りが通っているとはいえその下の支柱に若干被るため、ネジが長いと当たってしまいます。

従ってせっかく同梱してくれているのですが、雲台のもともとのネジを使わなければなりません。

換装するとこのような姿になります。

20130330e

もともとの付属のアッパーディスクにクランプを取り付けるよりはすっきりした、立ち上がりも抑えられたものになります。

20130330f

また、高さも抑えられてよくできたジッツオのクイックシューシステムは「ちょっと使いにくい」のですが、それと比べて大きさもほとんど同じに収納できます。(もちろん、この写真のように「横向き」に収納することはないでしょう。比較写真なのでこの向きにしただけです)

20130330g

20130330h そして三脚全体の質量は1.15kgほどになります。

ジッツオのクイックシューシステムを付けた状態(カメラプレートを除く)より20gほど増す程度ですから気にならないでしょう。

|

« GITZO GK1580TQR5の雲台GH1780TQR | トップページ | ボール雲台の耐荷重実験 »

その他雲台」カテゴリの記事

雲台アクセサリー」カテゴリの記事

三脚・一脚」カテゴリの記事

コメント

とても参考になりました。
安月給なのでSUNWAYFOTOを中国で買おうと思っております。

投稿: 伊藤 | 2013年6月12日 (水) 17時34分

コメントありがとうございます(しばらく気付かずにいました スミマセン)

貴ブログ拝見しました。様々な情報、今後参考にさせていただきます(リンクもありがとうございます)。

SUNWAYFOTO、素晴らしい品質とまではいきませんが、コストパフォーマンスもよく、気になるメーカーですね。

投稿: seimas | 2013年6月16日 (日) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/57067309

この記事へのトラックバック一覧です: SUNWAYFOTO DDC-G1:

« GITZO GK1580TQR5の雲台GH1780TQR | トップページ | ボール雲台の耐荷重実験 »