« GK1580TQR5 | トップページ | TS-E24mm F3.5L IIと他の24mmレンズ »

2013年5月25日 (土)

TS-Eレンズ インテリア撮影用雲台の考察

20130525a

 

半年ほど前の記事 「撮影機材 ある日の荷物」 で取り上げた展示会撮影に再び行ってきました。前回と同じように「展示ブースの記録」「レセプションの様子の記録」「レセプションで出した料理の記録」の撮影という内容なのですが、前回から機材が若干変わったので(タブレットがThinkPad Tablet 2になったなど)、持ち出し機材も若干見直しました。

20130525b 今回は、撮影用ライトは自分か先方のスタッフの手持ちにすることにして、兼用三脚をやめて一脚にし、テザー撮影・先方も含めた写真チェック・ドラフトデータの受け渡しをタブレットのみで行うことにしたため、外付けモニターは無しに。

ライトも前回と異なり、最近買ってみた プロ機材 LEDバッテラ になっているのですが、これらの見直しのおかげで荷物は2kgほど軽くなりました。(このライトご紹介は日を改めて。。。また、持っては行ったものの、ライトを使うようなシーンがありませんでした トホホ)

そんな話は別として、今回取り上げたいのは、写真赤丸で囲った雲台です。

ごつい三脚は会場(展示ブース)を撮るために持っていくのですが、TS-Eレンズのシフトを使用して、垂直なものが垂直に写るように写真を撮る場合、三脚でしっかり水平が出ていれば、極論を言えば三脚のみでOKで雲台は不要なのです。

とはいえ、構図をしっかりと決めてからの三脚の微調整は大変なので、いわゆる「レべリングベース」を活用しようという訳です。

ウチには 「レベリングベースと410の2軸化」の回 にご紹介した、アクラテックのレべリングベース (写真左)があるので、これにスイベル(パン)機能のみを持ったアルカクランプをつければ用が足ります。

そこで購入したのが SUNWAYFOTO パノラマ雲台 DDH-02 (写真右)です。高さ16mm、径は51mm。非常に小型です。写真手前のノブはクランプ(ジョー)を開け閉めするためのもの。奥のノブはパンの開放・固定のためのもので、とてもシンプルなものです。

20130525d

 

20130525c これにより、三脚を固定したのちは、レベリングベースで水平を出してさえしまえば、左右の最終の構図決めはパノラマ雲台をパンするだけですし、上下はレンズをシフトするだけです。

今まで、この手の写真はマンフロット410で行っていました。また、クライアントの前回の撮影時には荷物を軽くするために自由雲台にしてみました。

いずれの方法でも、水平を取ったのちにパンすると、三脚そのものの水平がでていなければ再度調整が必要です。それが、このシステムなら改善されます。

また、何よりも軽い。合計330gですから、ウチにある一眼レフに耐える雲台では最軽量です。

ただやはり、微妙な水平出しは結構難しいです。自由雲台もそうですが、ボールを滑らして2軸の調整を一発で行う、しかもカメラを持って動かすので、やはりギア雲台の楽さには及びません。

この手の撮影で一番良い雲台はギア雲台の上にパノラマ雲台を設けることだと思います。過去、「レベリングベースと410の2軸化」でご紹介した方法もありますが、レベリングベースで最終的に水平を取るにはトップヘビーです。 「スライドプレート BENRO MPB20」 で「#410にMPB20を乗せて使いやすくなった」と〆ましたが、空間撮りの場合にはノーマルな410にDDH-02を乗せ換えて使用したいと思います。

|

« GK1580TQR5 | トップページ | TS-E24mm F3.5L IIと他の24mmレンズ »

TS-Eレンズ」カテゴリの記事

その他雲台」カテゴリの記事

雲台アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/57458838

この記事へのトラックバック一覧です: TS-Eレンズ インテリア撮影用雲台の考察:

« GK1580TQR5 | トップページ | TS-E24mm F3.5L IIと他の24mmレンズ »