« 出張撮影での小物撮影用ブース | トップページ | 真俯瞰撮影(机上小物)用のツール »

2013年9月29日 (日)

マルチアングルアームが流行ってますね

20130929a

 

三脚トップに取り付け、自由な方向に「張り出す」アームの品ぞろえが増えてきました。写真左上の ベルボン フリーアングルEVシステム V4-unit は1年半前から出回っていますが、今回、スリックが写真右下の スライディングアームII を発売しました。

過去、「真俯瞰撮影用のツールを考える -1」の回 に真俯瞰撮影時に三脚に付けるパーツとして「サイドアーム」を説明しました。

20130929b

20130929c 当時はサイドアームといえば、水平に張り出すタイプのものがジッツオから G532(写真右) をはじめとした3点(G532と、より堅固でギア移動できるG535、簡易なG530)あった程度だと記憶しています。

 

20130929d また、オフセットタイプのセンターポールを持つ三脚は、ジッツオ、マンフロット、+中国メーカーだったと思うのですが、その後、中国メーカーとはいえなかなかの品質のバンガードが「MACC(マルチアングルセンターコラム)システム」として完成度を上げてきたことで流行ってきたようです。

三脚を動かさず、カメラ位置を三次元的に移動できる(もちろんアームの範囲内だけですが)ということが、現場で便利なカメラマンはジャンルによって多いようで、バンガードのこのシステムはかなり受け入れられているようですね。

そこで ベルボン、スリックは既に持っている三脚に取り付けられるものとして(あるいはそのユニットをセットにした三脚を)出したようですが、それぞれ特徴が違うので、(そのいずれも持っていませんが)取り上げてみました。

20130929ef ベルボン「V4-unit」(左)もスリック「スライディングアームII 」(右)も写真のように、三脚取付部にスイベル(パン)、ティルトの機能を持っており、なおかつアームが前方にスライドします。スライド移動量はV4-unitが205mm、スライディングアームIIは370mmですが、この差は両者のアームのコンセプト、構造に起因しています。

20130929g V4-unitはパイプが二重構造になっていて中のパイプが移動。その移動はクランク回転のギアで行うので微調整も可能です。またパイプ後ろ半分(外パイプ)は「操作アーム」の役割を果たし、なおかつエンドについたグリップを回転することでティルトの固定・解除を行います。

従って、重たいカメラを搭載しても、その重量を操作アームを片手で支えながら移動や固定解除を可能としています。

20130929h 一方、スライディングアームIIはパイプ長すべてをスライドさせる方式なので、全部伸ばすと重心がかなり前に出て三脚が倒れます。そのためエンドにはカウンターウエイト用のフックがついています。

また、雲台取付部は着脱可能な「アングルアダプター」になっているため、これを外し、カメラを直付けすれば真俯瞰用に適した状態になります。

いずれもジッツオのものより格安で1万円以内で購入できますが、ただ水平に繰り出すだけのジッツオのものに比べ使用シーンが格段に広そうです。

三脚というものは意外に設置面積がとられるものですが、そこからオフセットした位置にカメラを設置でき、上下にも移動できるのですから、様々なシーンで活躍しそうです。

|

« 出張撮影での小物撮影用ブース | トップページ | 真俯瞰撮影(机上小物)用のツール »

雲台アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/58290037

この記事へのトラックバック一覧です: マルチアングルアームが流行ってますね:

« 出張撮影での小物撮影用ブース | トップページ | 真俯瞰撮影(机上小物)用のツール »