« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の3件の記事

2013年10月19日 (土)

TS-E90mm 久しぶりにTS直交にした

20131019a 私の使っているTS-E90mmは、ティルト-シフトを平行にしていることは、随分昔 「Canon TS-Eレンズの使い方」の回 に説明しました。

工場出荷時のティルト-シフト直交の状態ではなく、平行にしてあるほうがティルトもシフトもかけるパターンには良いのでそうしているのですが、久しぶりに直交にしなければならないカットが発生しました。

その説明の前に、TSの平行-直交の変更作業のおさらいなどを。

レンズのティルト・シフトユニットのマウント側にある4本の小さいネジをはずし、90°回転させて取り付け直します。

0番のプラスドライバーがあれば1分で終わる作業ですが、この際、絞りへの電気ケーブル(基盤状のケーブル)を筺体ではさまないように注意が必要です。(あくまでも自己責任においての作業で、一般にはサービスセンターに持ち込むのをお勧めします)

20131019b 平行から直交に戻す手順(工場出荷時は3の直交状態です)

 

20131019c さて、直交である必要がでたカットとは、右のようなものです(納めた写真を掲載する訳にもいかないのでイラストです)。

高さ60cmほどの、左側面にウーファーを持ったスピーカー(ペアのうちの左スピーカー)の使用イメージ写真なのですが、テレビやDVDレコーダーの乗った棚のサイドにおいてあり、棚のものは商品ではないため、ぼかしたいというのがまずひとつの条件です。

また、縦長の被写体なので、「スッ」ときれいに垂直に立たせたいので俯瞰もアオリもかけない正対した写真にしなければなりません。しかし製品が巨大なわけではないので、パース線は下の方が角度があるのが自然、つまり水平線を画面中央ではなく上のほうにしたい(図 水色の線)というのがふたつめの条件です。

(今の文章で使った「アオリ」は見上げという意味の自然な使い方です 写真系、映像系では「アオリ」の意味がごちゃごちゃに使われていて、ある人は「見上げ」の意味で、ある人は「ライズ」-上シフト の意味で使っているのでやっかいです)

被写体に正対してなおかつ水平線が上部にあるということは「フォール」-下シフト しなければなりません。一方、棚をぼかすために浅い絞りにすると、スピーカー左側面のウーファ―はかなりぼけてしまいます。深い絞りでウーファ―をくっきりさせれば棚もくっきりしてしまうので、右ティルトが必要です。

20131019d

このように、シフト軸は水平(上下にシフト)、右奥の棚をぼかすためにティルト軸は垂直(左右にティルト)が必要になりました。

めったにない直交への変更、それもネジ4か所の作業で入れ替えられる簡単なものとはいえ、17mm、新24mmで採用されたTSレボルビング機能のほうが便利です。90mmのTS-Eレンズにもそれが付いた新型が登場するうわさがありますが、出たら手に入れたいですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

ピーカン外光でブツ撮りをする

20131012a

 

今週も先週の撮りこぼしを撮影しましたが、これがなかなかの難物。「庭の樹木をぼかした背景でドリンクを撮りたい」とのリクエストなのですが、ご存じのように快晴の太陽光ではコントラストがきつ過ぎ、背景は真っ暗、グラスのフチは飛びまくりです。

スケジュールの都合がつけば薄曇りという手もありますが、クライアント立ち会いの撮影ではそうもいきません。そこで登場するのが再三登場の自作ディフューザー。そして、ステージとなる片面フロストの、イイ具合に緑色の入ったガラス板を支えるのには前回登場のドリーポッドです。

20131012b 背景となる庭木を移動するわけにはいかないので、被写体、カメラそれぞれを適切な位置にセッティングしなければならないのがこの手の撮影の面倒なところ。

三脚でも良いのですが、もしセンターポールの調節量で足りない時は、危険なガラス板を一旦はずし、三本の脚を伸ばしたり縮めたりしなければなりません。

しかしこのドリーポッドなら、全高790~1430と64cmも変えられるので気になりません。実はこのカットの後、床グレーチングまで写し込んだかなりの俯瞰のカットも撮ったのですが、カメラ位置こそアイレベルより上がりましたが、このままスルスルと降ろしたステージで問題ありませんでした。

20131012c ドリーポッドへのガラス板の固定方法は、雲台 マンフロット405(アルカスイスクランプ付)にロングプレートをつけ、そのロングプレートとガラス板をクランプで締めています。

こうすることで脚のセンターにガラスセンターを合わせ、転倒をはじめとした様々な事故をなるべく防ごうというわけです。なにしろこのガラス板、40cm角程度ですが3.3kgもあり、何かあっては大変です。

雲台を405にしたのも、その耐荷重はもちろんですが、ステージの水平を出す(被写体が液体だけに水平にはシビアです)のにギアを回すだけで済み、これも一般の雲台なら緩めた途端ガラスがガクンと傾き、その拍子に落ちるなんてことが防げます。

 

さて、もうひとつのツール、自作ディフューザーのほうは、「出張撮影での小物撮影用ブース」の回 でご紹介した方法をスケールアップしたもので、使用したディフューザーは720×1250mmのサイズ。

20131012d

ちょうどこの場所には左右に手すりがあり、そこに ミニクランプ 171 と「銀一ポール」の組み合わせで支柱を立て、そこにメガネクリップで留めています。

広告写真、広告ムービーなどでは大がかりな脚組、枠組を組み、それに大きな紗幕を張り、それを「天幕」としますが、人を撮る場合でもなければ、この私のキットで十分です。ちょっと見、もっと小さなサイズのディフューザーでもいけそうですが、実は3時間ほどの撮影時間の間に太陽は随分と動くので、最後まで直射日光が入らないよう、大きめにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

真俯瞰撮影(机上小物)用のツール

20131006a

 

先週3日ほど、自宅を使ってのコーヒーレシピ本用のフードフォトの撮影がありました。その中で何カットか真俯瞰で撮るものがあったのでその時使ったツールをご紹介します。

過去、「真俯瞰撮影用のツールを考える -1」の回 や前回に説明したサイドアームでオフセットしても、三脚の脚が机にあたってしまい思ったより前に出ません。(下図 左)

かといって脚を机に乗せるのはためらわれる(下図 右)かもしれません。私はだいたい後者の方法で撮ってしまうのですが、今回は作業スペースの関係から、脚を乗せることができませんでした。

20131006b

20131006cそこで、使った機材セットが右のようなものです。

スタンドはかなり前にディスコンになったベルボンの「ドリーポッド DP-3D」です。付いていた雲台はすでになくしましたが、それを入れた全高が87~151cmに変えられる、写真館で軽量のカメラを乗せ証明写真を撮る場合などに便利なスタンドです。今はその後継機種として ドリーポッド DP-83S があります。

それにマンフロット 553  (詳しくは「真俯瞰撮影用のツールを考える -2」の回 参照)を介してマーキンス Q20を付けたものです。

こうすることで、足が入れられる構造のテーブルやデスクにセンターポールギリギリまで寄せられるようになり、アングルブラケットでのオフセット、雲台の高さ分のオフセットが加わり、かなりテーブルの中の方に入れられます。

写真ではスタンド(ドリー)の脚にウエイトが乗っています。転倒防止より「スルッと動いてしまうこと」を防ぐつもりでしたが、この1.5kgでは意味がありませんでした。

20131006d

今回の撮影では直径6cmほどのグラスなので、テーブルへの入り込み寸法はそれほど必要ありませんでしたが、高さがない自由雲台を使った今回のセットでも、机のフチからレンズセンターまで18cm(レベリングセンターポールアングルブラケット 553のみでオフセット2.5cm)もとれます。

そこそこのサイズの被写体までこのキットで十分でしょうが、もっと高さのある雲台(例えば Manfrotto 405なら16cm)を使えばもっとオフセットできます。

もっともその場合には、転倒防止のためスタンドの脚にカウンターウエイトが必要になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »