« マンフロット MVR911ECCN -2- | トップページ | マンフロット MVR911ECCN -4- »

2014年5月31日 (土)

マンフロット MVR911ECCN -3-

20140531a

 

一眼レフでムービーを撮るのは、最近の中級機、初級機では画面タッチで任意の位置にフォーカス設定ができ、「一眼レフとしての高級機」のほうが立ち遅れているような気がします。

ビデオカメラにおいてもタイトル写真のようにセンターから外れたふたつの被写体ではピントが合いづらいですし、ましてや映像中で手前から奥に任意に動かす(あるいは行ったり来たりする)場合にはマニュアルで移動させなければなりません。

一眼ムービーではリグを組んでフォローフォーカスを使用するのがプロの現場では一般的なのだと思いますが、イン点、アウト点のマークを白リングに書いてもカメラマン側から見える訳ではなく、フォーカスマンなどいないカメラマンのみの現場では大変です。

最近ではひとりで撮影する場合の使い勝手を良くした、ストッパー付きのフォローフォーカスや( 写真左 TEEDA TRS-FF04 )、カメラマン側にリングが向いているもの( 写真右 エーデルクローン フォーカスワンプロ )があります。

20140531b

MVR911ECCNには、デジタルで2点のフォーカスポイントを覚えこませ、その2点間を行き来できる「フォーカスメモリ」機能が備わっています。

20140531c 使い方は

  1. ダイヤルで好きなフォーカス速度を選び、速度モードは固定(FIX)を選びます。(このモードが覚えこませる時だけではなく使用する時にも反映されるので、あらかじめ決めておかなければなりません)
     
  2. 近い方、遠い方いずれかのフォーカスポイントをノブを使用して決めます。レンズの距離リングでのフォーカス決めや「オートフォーカス」ボタンの利用もできます。また、画面拡大モード(デジタルズーム)の利用が可能です。
     
  3. 「フォーカスメモリ」ボタンを長押し(2秒以上)で1コ目が設定完了(ボタン1、ボタン2いずれが先でも可)。このとき反対側のボタンが点滅しはじめ、2コ目の設定を促します。
     
  4. 同様にノブを使用して2コ目のポイントに移動し、ボタンを長押しして設定。(こちらは「オートフォーカス」ボタンやレンズの距離リングは無効)
     
  5. 両方のボタンのLEDが点灯していれば2点のフォーカスポイント間のみでフォーカス移動ができるモードになっています。どちらのボタンに近い側を記録したかに関わらず、ノブの近-遠方向はもともとの動きの通りです。

マニュアルには「レンズのフォーカスやズームをマニュアルで移動した場合、メモリポイントの正確性は失われます」とあるので、2.の1点目をマニュアルフォーカスで決めるのは正確性が損なわれているかもしれません。

メモリの解除は、「オートフォーカス」ボタンを押すか、「速度制限」ダイヤルをいじるかで行えます。前回「覚えておいてね」と言った件はここなのですが、私はダイヤルをいじる(速度が変わらない程度の少量の回転)のをデフォルトにしています。

大事なのは、フォーカス速度に融通が利かない点です。まず、前回お伝えしたように「速度が速い」というモードは停止ポイントが少ないので精度が低い(思ったフォーカスポイントがその中にあるのは稀でしょう)し、精度が高いのは低速なモードなので、ムービー上ゆっくりフォーカスが移動しても問題ないかに関わってきます。

演出上の自由度(主にスピード)ではフォローフォーカスのほうが上ですが、2点間を何度も行き来するさせることを考えると、シーンの中で数回ある時はもちろん、シーンの中で片道が1回ある時でもテイクの度に同じ動作をさせるので、このフォーカスメモリ機能はフォーカスミスを防ぎたいときには大変便利です。

---つづく

|

« マンフロット MVR911ECCN -2- | トップページ | マンフロット MVR911ECCN -4- »

ムービー機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/59737987

この記事へのトラックバック一覧です: マンフロット MVR911ECCN -3-:

« マンフロット MVR911ECCN -2- | トップページ | マンフロット MVR911ECCN -4- »