« ジオラマ風(ミニチュア風)写真 | トップページ | ナプキンをレフに使う »

2014年7月17日 (木)

逆ティルト撮影(ジオラマ風ではない演出)

20140717a

 

「真のジオラマ風」にするには、逆ティルトのみでは雰囲気が得られにくいことを前回ご紹介しましたが、今回は、「ジオラマ風にするためではない大ボカシの使い方」の作例などを。(上も含めすべて 5DMarkII+TS-E90mm)

タイトル写真は左右方向にボカシを入れたのですが、この階段の手すりに手をかけながらモデルが歩いているなんてカットなら目的がはっきり分かることと思います。

20140717b

これはジオラマ風に近いですね。スケールアウトした鉄製の椅子の華奢な感じが強調されると思います。

20140717c

ジオラマ感(ミニチュア感)を演出するには見下ろして撮るほうがそれらしくなりますが、水平に近いアングルでも、不思議な奥行き感が得られる被写体があります。

20140717d

これは完全に、看板を強調するために使用した例です。

高い場所にあるペデストリアンデッキを表現し、下に写り込む樹木は通常のピントではくっきり写ってうるさいのでぼかしました。それでも色が濃くうるさいので下の方を明るくしてしまえば完璧になるでしょう。

20140717e

「強い日差しの下、車が木陰で休んでいる」というようなイメージです。主体である車のフロントグラスにピントに合わせ、複雑で数の多い葉をぼかすことで、日差しの強さもでていると思います。

20140717f

明るいレンズなら開放で撮れば背景は十分にボケるアングルですが、左右のボカシをより多くしてみました。通常ならピントがきてしまう水流部分も十分にボケています。

もちろん構図によるのですが、ボカシ効果は長辺方向のほうが大きいので、縦位置写真が多くなる傾向が私にはあります。

大ボカシを積極的に取り入れた面白い作品づくりを考えていただける参考として取り上げてみました。

|

« ジオラマ風(ミニチュア風)写真 | トップページ | ナプキンをレフに使う »

TS-Eレンズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/59998324

この記事へのトラックバック一覧です: 逆ティルト撮影(ジオラマ風ではない演出):

« ジオラマ風(ミニチュア風)写真 | トップページ | ナプキンをレフに使う »