« ミニサロン190を改造する -2 | トップページ | RX100IIIにクローズアップレンズをつける »

2015年1月25日 (日)

RX100IIIにフィルターをつける

20150125a

 

お散歩カメラとして素晴らしいCyber-shot RX100III(DSC-RX100M3)。使い勝手で若干の不満はテレ側が若干欲しいことや、テレ端でもうちょっと寄りたいことなどありますが、何と言っても困るのはフィルターが使えない点です。

特に風景では、PLフィルターを使うことで、澄んだ空の表現や反射光の削減など、表現の調整が可能ですから、気軽に持ち出せるコンデジでも使用したいところです。下の写真ではPLフィルターを使うことで、照り返しの強い光を弱めた結果、影の場所の表情が出ました。

20150125b◆フィルターなし

20150125c◆PLフィルター使用

20150125d レンズキャップが嫌われ、自動開閉式のレンズバリアー式となっているコンデジでは、一般的にはフィルターを付けることを考えていません。

このRX100IIIでも、余計な出っ張りや無駄な引っ込みを付けないというデザインコンセプトですから、フィルターネジが刻まれていません。

そこで、フィルターを付けたい場合は、サードパーティーから出ている「レンズ鏡筒前面に貼りつけるフィルターアダプター」を付けることになります。

しかし、せっかくキレイなレンズまわりに無粋なものは付けたくないので、様々検討した結果MAG FILTER の MagFilter Threaded Adapter が一番よさそうなので購入しました。

MAG FILTER(販売ブランドはCARRYSPEED)には、PLフィルターそのものもラインナップされています が、既に持っている52mmのCPLフィルターを使えば良い(また、他のフィルターも使える)のでアダプターのほうにしました。

商品は以下のものがセットされています。

20150125e

中央下がスレッデッドアダプター本体とカメラに両面テープで貼り付ける「メタルリング」、ビニル袋に入ったものはメタルリングの予備です。このアダプターは「マグフィルター」の商品名が示すようにマグネットになっていて、カメラに貼ったメタルリングに「磁力でくっつくフィルターアダプター」という訳です。アダプターリング前方には普通のフィルターが付けられる52mmのメスネジが切られています(外径は54mm)。

20150125f

メタルリングは内径32mm、外形37mm、厚みは0.7mm(両面テープ含む)。レンズ枠の刻印が見えなくなってしまいますが、違和感をほとんど感じない装着仕上がりです。

20150125g

20150125h 52mmのフィルター(外径はほぼ54mm)を付けるとカメラのコントールリングの径も約55mmのため一体感がある仕上がりになります。

この製品の良い所は、PLフィルターのように付けたりはずしたりするフィルターの場合に、ワンタッチで付け外しができる点です。

逆に、磁力のみで付いているのでちょっと大きな力が加われば簡単にはずれてしまうため常時付けっぱなしにしておくわけにはいきません。

20150125i そこで付属のフック付ケースの出番となります。

2mm厚のウェットスーツ素材でできているのでクッション性があり、ポケットは余裕があるので、アダプターリングにフィルターを付けた状態で収納し、使う時にレンズ先にカチッと取り付ける使い方が便利です。

フィルターと一体で用意しておくほうが使い勝手がよいので、PLフィルター以外にクローズアップレンズ用にもう一つ買って、ふたつ持ち歩くと、このカメラの撮影の幅はおおいに広がるでしょう。

テレ端で30cmまで寄れるカメラですが、「もう一歩寄って写したい」というとき用にクローズアップレンズがおすすめです。

|

« ミニサロン190を改造する -2 | トップページ | RX100IIIにクローズアップレンズをつける »

レンズアクセサリー」カテゴリの記事

Cyber-shot RX100III」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX100IIIにフィルターをつける:

« ミニサロン190を改造する -2 | トップページ | RX100IIIにクローズアップレンズをつける »