« クローズアップレンズ比較 -1 | トップページ | クローズアップレンズ比較 -3 »

2015年2月22日 (日)

クローズアップレンズ比較 -2

20150222a

 

Cyber-shot RX100IIIにつけた各社クローズアップレンズの比較実験の続きです。

さて、前回あまりにもセンターと周辺の画質の差がひどかったテレ端の最短撮影距離での撮影。いろいろ実験してみると、センターでフォーカスを合わせる場合と周辺近くでフォーカスを合わせる場合では寄れる距離が違い、周辺の場合には1cmほど引かないとピントが合いません。

像の流れやこのピントの件で考えると大きな像面湾曲があるためと考えられますが、なにしろRAWデータで既に大きな歪曲収差を補正しているコンデジで、本来の「生-RAW」が見られないため、歪曲収差の補正と像面湾曲とがそれぞれどの程度関わっているのかはわかりません。(現像ソフトによっては見られるものもあるようですがそこまではしません あしからず)

前回もご紹介したクローズアップレンズを付けないノーマル時の最短撮影-1の位置でピント合わせ(ISO200 f8 1/30)
20150222b_2

3の位置でピントを合わせたもの(ISO100 f8 1/20)-環境が若干変わっています
20150222c

それぞれの位置を等倍切り出し(拡大時)したもの(クリックで幅1200に拡大します)
20150222d

色身やコントラストが違うのは環境が変わったせいですが、とにかくちょっと引いて周辺でピント合わせを行った方が若干良いようなので、これからの実験はこれで行ったもので見てみます。(ISO100にて絞りとSSをシフト)

まず、このクローズアップレンズを付けない状態との比較をしたいので、この状態にクローズアップレンズをつけ、それ以上寄らないで写してみます。

20150222e ◆KenkoAC f8 1/20 ISO100 以下の実験でもISOは100です

タル型の歪曲収差が補正され周辺まで四角く写りましたが、カメラの本来のフォーカスが無限大近くになったため、インナーフォーカスのズームレンズの特徴で画角がかなり狭くなりました。これでは比較しづらいので若干引き、画面周りに同じ要素が入るようにせざるを得ません。

20150222m そのようにして撮った、ケンコーの PRO1D ACクローズアップレンズ No.3
20150222f

これはf8のものですが、クローズアップレンズをつけるとセンター、周辺で絞り値による差が大きくなるのでf5.6、f11のものも比較します。 それぞれの位置を等倍切り出し(拡大時)したもの(クリックで幅1200に拡大します)
20150222g

センターでは解像ピークのf5.6以上はボケるばかりですが、四隅はf11になるまで解像していきます。

20150222n つぎは同じケンコーの単レンズのMCクローズアップレンズ No.3
20150222h
ACの結果同様にクリックで1200幅に拡大します。
20150222i

アクロマート(1群2枚のレンズ構成で色収差を補正した)タイプであるACに比べ、周囲の色収差があったり、中頃の解像感も若干低いようです。

20150222o マルミの DHGマクロ3 は、
20150222j

20150222k

ケンコーのMC同様単レンズですが、解像感は若干よく、収差も若干押さえられています。

 

右上隅(場所3)部分のみ(f8のもののみ)をクローズアップレンズなしの状態と3つの機種を比較するとこんな感じです(クリック拡大で等倍)。

20150222l

いずれもノーマル時での周辺の歪曲、解像が補正されるのが意外でした。通常外付けレンズではつけた分悪くなっていくのですが、元の悪さを補完したようです。それでも安いレンズでは色収差は出てしまいます。価格が KenkoAC>Marumi>KnkoMC となっており、性能もそれに準じているようです。

次回はクローズアップした距離での画像比較です。

|

« クローズアップレンズ比較 -1 | トップページ | クローズアップレンズ比較 -3 »

レンズアクセサリー」カテゴリの記事

Cyber-shot RX100III」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップレンズ比較 -2:

« クローズアップレンズ比較 -1 | トップページ | クローズアップレンズ比較 -3 »