« クローズアップレンズ比較 -3 | トップページ | ミニ三脚を撮影品保持に使う »

2015年3月11日 (水)

真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す

20150311a

 

最近撮った真俯瞰撮影で、ちょっと苦労したものがあったのでご紹介します。

建築設計、内装設計、インテリアプランナーやコーディネーターなどの業務では、床材や生地などのサンプルを貼ったボードプレゼンは広く行われていますが、A1サイズなど大判のものとなるので、分割カラーコピーや写真でないと控えがとれません。

さて、そのようなボードに貼られたもの、あるいはタイトル写真にあるような額装品は反射しやすい素材であるため、照明を拾ってしまうと悲惨な写真になってしまいます。

20150311b ブツをお借りしてスタジオで撮るなら方法はいくらでもありますが、出張撮影で、オフィスの照明下で撮るとなると大変です。右のような直管蛍光灯のライン照明は写り込みがやっかいな筆頭です。

広い会議室なら壁面に立てかけて引きの調整で写り込みのない均一な照明も可能ですが、先日伺った先は小さなオフィス。企業パンフレットに使う写真としてA1プレゼンボードや、A4書類を扇形にならべた状態を撮るため、平置き・真俯瞰で撮る必要がありました。

そこで、応接コーナーのソファのローテーブルを撮影台としてそれを跨ぐように三脚を立て、「真俯瞰撮影用のツールを考える」の回にご紹介した方法(とはいえこのようなブツ撮りは予定していなかったのでアングルブラケットなしの自由雲台を使っての方法)で撮影することにしました。照明は上の写真のような直管の蛍光灯です。うまくどのラインも写り込まないような撮影位置がありません。

当日の写真を使うわけにはいかないので、以下の説明の写真は、タイトル写真とともに説明用に撮ったものですが、当日撮ったものはA1ボードにL判写真や塗装サンプルなど艶やかで表面が波打っているものが多数貼られているため写り込みが波打っていて複雑です。

20150311d 20150311c まず、「真俯瞰(真正面)撮影の小ネタ」の回にご紹介したように、鏡を使って正対させます。

実は、当日は鏡を持っていかなかったのでかなり台形に写ってしまい、これからご説明する作業が大変になったのですが、ここで完全な真俯瞰を押さえておくのが大事です。

さて、どの蛍光灯ラインも写り込まないような撮影位置がないため、何とか1ラインだけが頭方向に平行に入るようにしてまず通常の向きで撮ります。

そして被写体をその場で180度回転させてもう1枚撮ります。

この時、なるべく位置が揃っていたほうがあとの作業は楽ですが、完全に揃えることは事実上不可能ですから「ほぼ揃っている」というレベルでOKです。

撮影時はこれだけの手間です。右の写真でおわかりのように派手に蛍光灯が写り込んでいます。仮に1枚しか撮らず「あとでフォトショップで修正」なんて考えていると大変なカットです。

 

この回転して撮った写真をフォトショップで再度回転します。この時に周りに写っている床は白や黒でベタ塗りしておきます(どうせ完成時に消す要素ですし、これが残っていると次のステップで困ります)

20150311e

均一に照らされている部分がしっかりそれぞれのカットにあり、写り込み部分がダブっていないか、これも大事なので撮るときに注意しましょう。

さて、これらをレイヤーとして重ね、一枚のフォトショップ画像とします。そして次に 「Photoshopで被写界深度の拡大」の回 にご案内した「レイヤーの自動整列」を行います。

メニュー「編集」→「レイヤーを自動整列...」、そして次に出てくるウインドウの投影法では「コラージュ」を選びます。

20150311f

これを行うと、微妙に揃っていない2枚が、ほぼ完ぺきに重なります。

この時に床が写っていると、フォトショップは勝手に床の模様を揃えようとするのでせっかく2枚目を180度回転しても元の向きにしてしまい肝心な被写体が重なりません。

また、正対がしっかりとれていないと(例として片方は上広がり、もう片方は下広がりになってしまっていると)きれいに揃うことは稀です。

そして2枚の合成です。この例では上のレイヤーに上半分が有効なものをのせているので下半分をグラデーション消しをすれば一発です。(下の写真は別作業を行っているカットなので逆の部分にマスクをかけています)

20150311g

写り込み部分が除去され、均一な写りのものに無事合成できました。

20150311h

完全な白トビはその部分の再現が不可能になるので、元の写真は念のためかなりアンダーで撮りました。そのためかなり暗い写真なので、最後に明るさとコントラストを調節しましょう。

20150311i_2

この額のガラス、実はかなり曇ってきていて、写り込み部以外もうっすらと光っていたのです(上の方の写真でわかります)が、まるで無反射ガラスであったかのような完成品になりました。

実際の先日の例ではしっかりと正対がとれていなかったため2枚をピッタリと合わせるのに大変でしたが、合ってさえしまえばレイヤー間を見比べて、上のレイヤーにある照明の写り込み部分を消していくだけの作業なのであっという間に作業完了です。ましてや上のように最初に正確に正対し、回転にも注意していればすごく簡単な修正(合成)作業なので、機会があったら試してみてください。

ちゃんとした照明環境で撮れるのならそのほうがいいのは明らかですが…笑

|

« クローズアップレンズ比較 -3 | トップページ | ミニ三脚を撮影品保持に使う »

Photoshop」カテゴリの記事

撮影小ワザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/61265289

この記事へのトラックバック一覧です: 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す:

« クローズアップレンズ比較 -3 | トップページ | ミニ三脚を撮影品保持に使う »