« クローズアップレンズ比較 -2 | トップページ | 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す »

2015年3月 1日 (日)

クローズアップレンズ比較 -3

20150301a

 

Cyber-shot RX100IIIにつけた各社クローズアップレンズの比較実験を続けます。今回は実際にクローズアップしてみましょう。

前回のおさらい、「カメラの標準の最短撮影距離≒30cm(レンズ先)」の状態にクローズアップレンズ(Kenko AC)をつけたもの
20150301b2
この場合、カメラのフォーカスは無限遠に近いほうに移動していますが、この状態からどんどん被写体に近づいていき、約17cmのところまで寄れるようになります。上で15×10cmだった撮影範囲が10×6.5cmほどになります。

20150301c
水平が若干狂ってきたのはご愛敬として、樽型の歪曲がでてきました。この1から3の位置の各レンズの等倍画像(クリックで拡大した場合)が

20150301d

20150301e

20150301f

前回とおなじように解像感、収差の補正など性能は KenkoAC>Marumi>KnkoMC となっているのがわかります。

 

クローズアップレンズを使う場面を考えると、周辺に大事なものが写っていることはあまりないと思われますので中央の解像感がこの程度保持できるのであれば、どのクラスのレンズを使っても問題ないと思われます。

しかし、平らなもの(書籍表紙、レコードジャケットなど)のコピーなどで使うのであれば、周辺の収差が改善されているACタイプが良いでしょう。

この場合、樽型の歪曲収差があるこのカメラの特性をクローズアップレンズが補正してくれることはうれしいですね。そんなに寄る必要がない場合でも付けてみることをおすすめします。

 

なお、このRX100IIIは以上のような極端に寄った場合には樽型の歪曲収差があるのですが、そこそこ離れた場合には良好であることはこのカメラの名誉にかけてお伝えしておかなければなりません。

以下は屋外のタイル張り(1個5cm角)の壁面を撮ったものですが、撮影距離は2.5mほどになります。

20150301g

センターと右上隅は
20150301h

こんな感じで、さすがに隅はちょっとモヤッとしていますが、コンデジとしてはたいしたものではないでしょうか。

|

« クローズアップレンズ比較 -2 | トップページ | 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す »

レンズアクセサリー」カテゴリの記事

Cyber-shot RX100III」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップレンズ比較 -3:

« クローズアップレンズ比較 -2 | トップページ | 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す »