« 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す | トップページ | レベルアジャスター »

2015年3月23日 (月)

ミニ三脚を撮影品保持に使う

20150322a

 

BENRO VT1(写真右) Manfrotto 209 に(写真左)の一脚保持具としての使用は「一脚用補助脚」の回にご紹介しましたが、今回は写真のようにブツ撮りにおいて撮影ステージ上で使う実例をご紹介します。

週末、「バックミラー型ドライブレコーダー」の撮影があり、「マイクロSDカードとUSBケーブルがここに付きますよ」というカットが必要になりました。別撮りして合成してもいいのですが、空間に浮いている状態のカットでは別撮りだとブツの向きや光の向きを揃えるのが大変なので、セッティングは面倒でも一発撮りのほうが最終的には楽です。

こんなときは保持具をフレーム外に置いて消しの処理をできるだけ減らす、また、写り込みも防ぐように細長いもので「突き出す」スタイルの保持になります。

20150322b

タイトル写真の組み方の2台の三脚でそれぞれSDカード、USBケーブルを保持させます。そのためにはこの図のようにブツを差し出す方向が様々になるので、空間の自由な位置に自由な角度に向く先端になっているアームが必要になります。

20150322c クネクネとしたプロ機材の フレキシブルアーム AAA-4074 の先には 「撮影補助具」の回 でご紹介した自作のアルミパイプ製の補助具を付け、先端に両面テープでSDカードを貼り付けます。

これは上の図のようにフレームに入ってしまうものなので透明なもの(透明なアクリル棒)のほうがより良く、いつかは作ろうと思っているのですが、アルミでかなり周囲の光を拾うので一見不向きのようですが実はバックカラーを拾うので消しの処理がしやすく結構重宝しています。

 

一方USBケーブルの方は、クリップで挟みぶら下げることにしたので、クランクアームで保持することを採用。このアームはプロ機材で購入したのですが廃番のもので、今売られているものでは モニター用クランクアーム FV-MA が相当すると思われます。

20150322d

この手のクランクアームはちょっと高価で、私のものは在庫処分のものを格安で買ったのですが、一般的には1万円前後してて躊躇します。格安のものが 上海問屋で売られていました が、これだとアームが短くて今回の様な使い方では不便を感じると思います。

クランクアームは両側がカメラねじ(1/4インチ)になっているため、三脚、VT1側は間に3/8メスから1/4メスに変換するアダプタが必要となります。手元にあるものではダボ(スピゴット)があるのでいつもこれを使用しますが、もっと高さを押さえたい場合用にもっと短い変換アダプターが欲しいところです。またクリップの側は三脚や雲台を買うとネジ保護のために被せてあるキャップ(ネジを切ったタイプ)を使います。

20150322e

解説図のようにうまくレイアウトして撮ってSDカードまわりを処理すれば、一発撮りでもかなり凝ったカットが簡単に完成です。(さすがにカット全体を掲載する訳にもいかないのでSDカード近辺のみです)

20150322f

20150322g そして別カットで本体を空中に浮かし裏面を撮る必要があったため、バックミラー面中心を吸盤で保持します。その仕様がタイトル写真の右スタンドです。

「撮影補助具」の回 でもご紹介したように一般的な吸盤フックの先だけをクランクアームの先端ネジにビニールテープできつく縛りつければ250gほどのものなので余裕で自由な角度に構図が決められます。

20150322h バックミラー裏面のカメラ部分のアップを撮るためなのですが、レンズの入り方や光の具合など「カメラを動かすのではなく被写体を動かして構図を決める」場合にはこの手の方法が必須です。

右カットは光の入り方などを追い込んでいない中間バージョンですが、無理やりカメラを回して構図を決めると、ライティングができない角度になっていたりするので被写体が動かせる保持方法はブツ撮りでは重要です。

かなり重いものも保持できるクランクアームですが、前に差し出して保持するときは前に倒れ込んでしまうのでウエイトを三脚に乗せておきます。

|

« 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す | トップページ | レベルアジャスター »

三脚・一脚」カテゴリの記事

その他機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/61325278

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ三脚を撮影品保持に使う:

« 真俯瞰撮影 -写り込む照明を消す | トップページ | レベルアジャスター »