« ミニ三脚を撮影品保持に使う | トップページ | 傾斜計 »

2015年3月29日 (日)

レベルアジャスター

20150329a

 

「ミニサロン190を改造する」の回 にアームに横向きに器具が付けられるように改造しましたが、結局、雲台を付けている側と反対側に真俯瞰用雲台を移動しました(アームを差し替える)。

20150329b
その記事では雲台は、アクラテックのレべリングベースSUNWAYFOTOの DDH-02にしましたが(写真右)、通常は左のように直にクランププレートを付ける仕組みで十分です。水平がほぼ出ているアーム(ずれは1度程度)なので、真四角な被写体でなければ歪みは気になりません。

しかし真四角な物や、裏面と表面が平行でないものを撮るときにシビアな正対を調整したくて写真右のようなボール式の雲台を設けると、水平での使用と違ってカメラ重量を支えながらの調整で結構苦労します。そこでネジで微調整できる「レベラー」が欲しくなります。

20150329c

計測機器用と同様な3ネジで調整するものとして、マンフロットの レベリングベース 338 (写真左)が長らく販売されていますが、これは大きく、またネジがとても固いので、かねてより躊躇しています。また、最近になってNodal Ninjaから EZ-Leveler-II という比較的操作しやすいものも出ているようです。私の不勉強で今回お伝えするものを買ってから、ブログ「B級サロン」の こちらのページ で知ったのですが、こちらは良さそうです。

20150329d さて、カメラスタンドの先に下向きにカメラを設置した場合には、右図①の回転は被写体を動かすほうが簡単です。

また②は雲台とアームの接続がダボであることから、それを動かすことで簡単に微調節できます(カメラの重量を支えながら緩めたり締めたりする必要はありません)。

問題は③だけとなります。ということは1軸の角度調節をネジで行うものがあればいいということになります。

望遠鏡用や実験器具用などでいくつか候補はありますが、なるべく薄くできているものが欲しいとなると今のところ以下のものしかないようです。

20150329e ケンコーのレベルアジャスター ですが、ユーエヌからも UN-5692 レベルアジャスターとして、またハクバからも ピクスギア レベリングベース HB-LB として出ているものです。

いずれも全く同じですが、50×55mm、高さ25mmの四角(突起を除く)に二つのネジが付きだしていて、側面に設けられたアクセサリーシューにバブル型の水準器が付属しています(もちろん取り外し可能)。

またそのシューはネジで取り付けられているので、シューも取り外すことができます。私の使い方ではシューは要らないためはずしてしまいます。

20150329f

上面にはカメラ用に1/4インチのネジが設けられていて、底面には三脚側の1/4インチの受けネジがありますが、よく見ると段差があり、内側のパーツにのみネジが切られているのがわかります。

20150329g 一見するとふたつのネジ、底面の二重構造がどのように作用するのかわかりにくいと思います。

実はこの二つのネジを同じ方向に動かすことによって上面パーツ裏に設けられた山状の受けをずらし傾ける構造になっています。その際にネジを最後に締め込むと底面内側のプレートを押すので、水平回転(スイベル)の動きもこの動作で固定されるようになっています。(ネジの力を山やプレートに伝えるため2本のコロが入っています。また図では省略していますがコロはバネでお互い引き合うようになっています)

傾斜できる角度は左右に10度。私の用途としては十分です。

20150329h

「傾けたい方向にネジを進める」と覚えれば扱いは難しくありませんが、両方のネジを同じように動かすのは難しいと感じるのなら、まず傾けたい側のネジをゆるめ、それから反対側を締めていくという手順にすれば良いでしょう。

しかし1点だけ問題があります。上面のカメラ止めネジが固定式のため、アジャスターの向きとカメラ(あるいはクイックシュークランプ)の向きをしっかり揃えることができません。

20150329j 通常、ダボではその受けで回転できるし、カメラを雲台やクイックシューに取り付けるのは貫通のネジのため気になりませんが、このように向きを揃える必要のあるものにこの構造は不便です(このアジャスターは本来、雲台の下に付けるもののためにこの構造になっています)。

同方向から30度ほどずれるため、カークのクランプには付いている固定用イモネジを締めて何とか固定しています。

20150329k カメラをセットするとこんな収まりです。

付属の水準器がカメラのシューに付けられるので便利ですが、シビアに真俯瞰をとるときは再三ご案内の鏡を用いた手法でやっています。

この一軸のみのギア微動調整はかなり便利です。上の方の図で説明の③の軸のみギアで調整。その間カメラを別の手で保持しなくて済み、振れ戻しもないため一発で位置が決まります。あとは②をダボで行ってもよいし、このアジャスターのスイベルで行っても良いのですが、このスイベル機構、しっかり締めなくてもそこそこ抵抗があるのでアジャスター側での調整のほうがスムーズです。(カメラを真下に向けているため自然に真下を向くというのもあります)

|

« ミニ三脚を撮影品保持に使う | トップページ | 傾斜計 »

雲台アクセサリー」カテゴリの記事

カメラスタンド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/61356728

この記事へのトラックバック一覧です: レベルアジャスター:

« ミニ三脚を撮影品保持に使う | トップページ | 傾斜計 »