« パノラマ雲台用ハンドル | トップページ | グーグルマップの便利さを改めて感じた »

2015年5月31日 (日)

生産完了品、その代替品

20150530a

 

当ブログで取り上げた便利な用品、ブログ開始からもう4年以上になりますので、当初に取り上げたものは生産完了品になっていたりします。

既に過去の記事で「完了しました」としてアナウンスしたものもありますが、先日、過去のページをチェックして、ショップサイトへのリンクのチェックを行った際に新たに見つけたものや、代替え品となりそうなものを発見したりもしたので、今回はそんな切り軸でお送りします。

20150530b まず、今回新たに「完了品」と判別したもの。1/4インチのオス、メスを持った止めネジ、エツミの「止ネジ短」E-521です(写真上)。これにはネジが若干長い「止ネジ長」E-522もあります。(ネジ長はE-521が8mm、E-522が10mm)

これは現場の様々な「止め」用途ですごく便利だったのですが、いずれも最近生産完了となったようです。

プレート部が大きなものは何種類かありますが、直径が24mm、厚みが6mmという小型のものはこの機種ぐらいしかなかったので、果たして代替えとなるものがどこかにないかと探したらamazonの扱いで中国製のものを見つけました。(写真下)

こちらの直径も24mmなのですが、ネジ長はちょっと長めのようです(12~3mmぐらいでしょうか)。またネジ切りは先端部分にしかありませんので、用途によってはそのまま置き換えることはできないかもしれませんが、とりあえずリプレースできそうです。

 

20150530c 私が勝手に「銀一ポール」と呼んでいたものはアルミ製で軽量な16mmのロッドですが、1/4インチのネジで連結するシステムのため、リグで使われる15mmのロッドシステムでは代用できない場面が多いものです。

これの代用は既にお伝えしたように、テイク から「TKディフューザーアーム」として30cm、80cm、110cmのものがあり(写真下)、テイクの直販サイトヨドバシ.com(店頭でも) 購入ができます。

また、IGINトレペアーム も16mm径ですが、こちらは大ネジ(3/8インチ)でポールそのものも重たいものです。そのかわりポールエンドの部分に「くびれ」があるため海外製のストロボなど16mm径に被せる方式の機材を取り付けるには適しています。

こちらの長さのバリエーションは30cm、60cm、100cmとなっているので様々な長さを作るには良いですね。

でもオリジナルの銀一のものは30cm、50cm、80cm、100cmあたりがあったので、できれば両者とももうひとつくらいの長さのバリエーションがあるといいのにと思います。

 

20150530d 随分昔になってしまいましたが、フジX100のリストストラップとして採用したエツミのE-418(写真上)。幅広で手首への負担が少なく、軽量の一眼でも十分に使えるものでしたが、なかなかシンプルで安いものってないものですね。

X100はその後も使ってはいるのですが、ストラップを替えようと思うこともなかったので市場調査していませんでしたが、今回のリンクチェック作業の一環で調べてみたら、同じエツミから同等のものが出てますね。

ハンドストラップN ACTIVE ブラック E-6361(写真下)。赤や青のバリエーションもあるようですが、この手のシンプルな物はラインナップに確実に残して欲しいものです。

 

廃番になった訳ではないのに市場から消えた製品なんかもありました。

20150530e フォローフォーカスの回に使いやすい「フォーカスワンプロ」(右写真)をご紹介した「エーデルクローン」。その他の製品も含め、販売に代理店を使わず直販ルートだけにしたそうで、今ではメーカーの直販サイトでしか購入できません。

それまでは日本の代理店としてKPI(ケンコープロフェッショナルイメージング)が卸をしていたのですが、そのショールームに行った際に聞いて、めんどくさくなったなあと思いました。

 

4年半、170件ほどの記事を書いてきましたので、リンクチェックとなると結構な作業です。今後もこのような作業が発生するでしょう。気が重いです。

|

« パノラマ雲台用ハンドル | トップページ | グーグルマップの便利さを改めて感じた »

その他機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/61676101

この記事へのトラックバック一覧です: 生産完了品、その代替品:

« パノラマ雲台用ハンドル | トップページ | グーグルマップの便利さを改めて感じた »