« グーグルマップの便利さを改めて感じた | トップページ | ペンダント(吊下照明器具)の撮影 »

2015年6月29日 (月)

グーグルマップでもう少し遊んでみる

20150626a

 

30年近く前の写真の撮影場所をグーグルマップで特定できて感無量になりましたが、ついでにそのカンポ・デ・クリプタナで撮った下の写真が「どの通りで撮ったか」気になったので、ストリートビューで遊んでみました。

20150626b

20150626c 下り坂にはなっているので丘のまわりから下っている通りのどれかだと思って片っ端からストリートビューを移動したのですが、このような家ばかりなので中々特定できないのと、この写真の望遠アングル(たぶん200mm)を、広角のストリートビューにあてはめながらみるのは結構大変です。

そこで画面左上にちょっとだけ写っている塔のようなものを手掛かりに、そして影の具合から、ある程度通りを絞り込もうと思いました。

20150626d こんな風に小さな村なのですが、赤枠で囲ったあたりが丘の上で、縦横に細い通りが通っています。

20150626e 最大ズームにすると風車がわかる(右半ば上の黒丸に見える影です)のですが、赤丸の辺りが展望が効く場所になっています。ストリートビューに切り替えます。

20150626f 村なので背の高い建物は中央の教会を除いて皆無であることがわかります。

20150626g それであれば教会の塔(緑丸)の影の面に向かっている通りで、200mmでも同じ画角に入る、この中央を南北に通る道しかなさそうです。

この通りを少し北に行った場所でストリートビューに切り替えましょう。

20150626h 塔がちょっぴり見えました。もっと遠くに離れてみましょう。

20150626i ワイドなので小さく写り込みましたが、塔の位置関係はぴったりのようです。拡大してみましょう。

20150626j どうやらここのようです。比較しやすいように並べてみます。

20150626k 微妙に画角が違うのですが、確実に同じ場所であることがわかります。なんと30年経ってもほぼ変わらないのには驚きです。道がきれいに舗装され、何軒かが外壁の色を変えましたが、壁から突き出ている外灯もまったく変わっていません。

画面中央のT字路の辺りを拡大(ストリートビューは近寄った場所での画像)してみると

20150626l

角の家の外を回っている電線の被覆、通りの名称看板も変わらず、電話ボックスも形状こそ変わりましたが同じところに設置されています。

スゴイです。写した場所を知りたかっただけなのですが、30年経っても建物が全く変わっていないとは。スペインの片田舎の村、さすがに中心部の建物は新しいものがストリートビューで見受けられましたが、民家はそうそう建て替えられないのでしょうか、全く同じ街並みが見られるとは思いませんでした。

|

« グーグルマップの便利さを改めて感じた | トップページ | ペンダント(吊下照明器具)の撮影 »

雑文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/61809754

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルマップでもう少し遊んでみる:

« グーグルマップの便利さを改めて感じた | トップページ | ペンダント(吊下照明器具)の撮影 »