« 2015年8月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月の2件の記事

2015年11月16日 (月)

ボトルバッグを小型三脚のケースに流用

20151115a 一眼レフを対象とした大型の三脚はさておき、コンデジや小型ミラーレスで使うコンパクト三脚って、移動時の収納に頭を悩ませます。

私の持っている実用的な小型三脚はベルボンのSherpa Active(ULTRA MAXi M を自由雲台にしたヨドバシオリジナルモデル)ですが、脚径が21mmで最大高137cm、縮長35cm、質量は800gほどのものです。

コンデジやNEX-7に軽量レンズの場合にはこれで十分で、もう少し軽い(華奢な)ものでも良いのですが、これより軽いものを探すとなると、そこそこの最大高のものは縮長が短くなく、逆に縮長が短いものは最大高が足りません。

行楽時の簡易な撮影での使用でも、最大高は120cmは必要だと私は感じています。人物の記念撮影や、見通しの良い場所での風景写真なら100cmでも良いのですが、手すり越しに写す、窓から写すなんてときも考えるともうちょっと必要です。

さて、バッグがある場合はともかく、カメラと三脚だけ持ち出したいときはやっかいです。現場でのサポートだけなら「格安の一脚ホルダー」の回にご紹介したものでも良いのですが、行楽の間中持っているとなると肩からのたすき掛けで安定させたいものです。

付属のケースは薄いナイロン製の巾着袋で、スリングも短く、肩には片掛けしかできません。しかも本体は短いといっても30cmを超えます(写真のように、雲台を「小型雲台・ミニ雲台 ふたたび」の回にご紹介した小型雲台に換装していますがそれでも34cmです)。

20151115b

三脚ケースはもちろん、世の様々な細長いバッグを探しても、なかなかこの寸法に合うものが見つからず、ウチになにかないかとキッチンまで漁っていたら、前にサンプルとして貰ったBUILT 1ボトルメッセンジャートートがぴったりであるのを発見しました。

20151115c

BUILT(ビルト)はクロロプレンゴム(ネオプレン素材/ウェットスーツ素材)を素材としたPCバッグなどでおなじみのメーカーですが、この1ボトルメッセンジャートートも同様です。サイズもワインボトルにぴったりの寸法でできているため、なんとか収まりそうです。

20151115d

ネオプレン素材なので若干伸びることを考えればどうやらOKそうです。入れてみると

20151115e

ぴったりです。雲台を換装しているのでフタが閉まりますが、オリジナルの雲台ではちょっと無理でした。

さて、気になるのはスリングが短い取っ手になっていることです。肩にたすき掛けしたいので延長の必要がありますが、他のバッグ用の、先がフックになったスリングがあり、そのフックを掛けるための三角カンがあれば工作が簡単なので、日ごろバッグを捨てるときにためていた金具類を物色すると、このバッグの取っ手と同じ32mm巾用のプラスチック金具がありました。

20151115f

では、元の取っ手を適度な長さに切って、金具をつけましょう。

20151115g

金具を包んでナイロンテープを折り返して縫うだけなのですが、ちょっと目測を誤り、ミシンでは縫えないほどぎりぎりの寸法になったため手縫いです。

20151115h

20151115i できました。三脚としては短いとはいえ30cmもあるので、かなりのボリュームにはなりますが、体側にあっても特に邪魔ではありません。たすき掛けできるので、どんなポーズをとっても落ちたりしませんし、三脚を使っている間もこのまま肩にかけていられます。また、三脚ケースにありがちな側面のジッパーと違って、上面のフラップですから出し入れも簡単です。

さて、ウチにはもう一台コンパクト三脚、GITZO GK1580TQR5がありますが、こちらにも使用できるかと押し込んでみたのですが、惜しい所で無理でした。

長さが35cm、寸法だけで見ると1cmの差なのですが、Sherpa Activeが先すぼまりでなおかつ雲台部分が細いのに対して、最後まで径が同じでなおかつ雲台のプレート部が側面に出ています。また径に関しても若干太く、肩(脚の付け根)のところはまだ良いのですが、雲台のあたりは周囲28cmほどになるためこれも3cm大きいのです。

20151115j

Sherpa Activeは脚径21mmのもの。一方GK1580TQR5は24mmです。世の24mmパイプの三脚はGK1580TQR5のような反転型が随分出回っており、縮長30cmを切るものも多いので、もしその手のものをお持ちなら無理をすれば入りそうですが、最終的には雲台まわりの大きさにかかっています。残念ながらこの三脚バッグ、Sherpa Active(しかも雲台を小型のものにした私のもの)専用と考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

ストーンバッグの有効利用

20151103a

 

随分と間が開きました。2ヵ月ほったらかしにしていたのは初めてです。いつも楽しみに来ていただいている方には申し訳ありません。

さて、「ストーンバッグ」、単独で売られている現行品はタイトル写真の スリック ストーンバッグDXバンガードのSB-100 しかない状況(あとはアマゾンで若干の無名ブランドがある程度)でマイナーなアイテムになりつつありますが、かく言う私も、ネイチャー系ではないため、今まで特に使う必要もなく持ってはいませんでした。

今回、長時間の室内ブツ撮りの出張撮影(クライアントのオフィスでの撮影)のため、3~4時間の撮影であればバッテリーだけで済むカメラ、モニター(CL75HOX)それぞれにACアダプターが必要になり、それを収納するためにスリック ストーンバッグDXを購入、使用してみました。

カメラEOS5DIIIとモニターCL75HOXのアダプターは結構なボリュームがあります。

20151103b

それぞれコードが長いので床に垂らしてアダプターを転がしておくと、三脚の移動に不便どころか、つまづいたり電源をはずしてしまう危険性もあるため、このストーンバッグにそれらを入れてしまい、電源コード1本のみが床に垂れるようにしました。

20151103c

これは便利です。撮影位置の変更でも、やや重めの電源コードですからスムーズについてきます。何よりもカメラマンの私だけでなく大勢の人がこの周りを歩く状況なので気を使う場所が一か所になるのは気が楽になります。

20151103d さて、この「アダプター保持バッグ」としてのストーンバッグはスタジオのカメラスタンドでも使用できます。

うちのスタンド マンフロット ミニサロン190 には小物を乗せるトレ―がありますが、これらのアダプターをこの上に置いてしまうとゴチャゴチャと収まりがよくなく、それらよりも大事なもの(交換レンズなど)が置けなくなってしまいます。

トレ―を加工してフックを取り付けてもよいのですが、転がっていたかなり大きめのダブルクリップをトレーのフチ三辺に付ければなかなか収まりのよいものとなりました。

三脚のときもそうですが、何本もケーブルが垂れていると邪魔であり電源がきれてしまう危険もあるので電源コード1本のみ垂れている管理しやすい状況をつくるのは大事です。

そこそこの値段がするメーカー品のストーンバッグですが、しっかりとその金額なりの仕事をさせています(笑い)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年12月 »