« 写り込みの調整テクニック | トップページ | ボトルバッグを小型三脚のケースに流用 »

2015年11月 3日 (火)

ストーンバッグの有効利用

20151103a

 

随分と間が開きました。2ヵ月ほったらかしにしていたのは初めてです。いつも楽しみに来ていただいている方には申し訳ありません。

さて、「ストーンバッグ」、単独で売られている現行品はタイトル写真の スリック ストーンバッグDXバンガードのSB-100 しかない状況(あとはアマゾンで若干の無名ブランドがある程度)でマイナーなアイテムになりつつありますが、かく言う私も、ネイチャー系ではないため、今まで特に使う必要もなく持ってはいませんでした。

今回、長時間の室内ブツ撮りの出張撮影(クライアントのオフィスでの撮影)のため、3~4時間の撮影であればバッテリーだけで済むカメラ、モニター(CL75HOX)それぞれにACアダプターが必要になり、それを収納するためにスリック ストーンバッグDXを購入、使用してみました。

カメラEOS5DIIIとモニターCL75HOXのアダプターは結構なボリュームがあります。

20151103b

それぞれコードが長いので床に垂らしてアダプターを転がしておくと、三脚の移動に不便どころか、つまづいたり電源をはずしてしまう危険性もあるため、このストーンバッグにそれらを入れてしまい、電源コード1本のみが床に垂れるようにしました。

20151103c

これは便利です。撮影位置の変更でも、やや重めの電源コードですからスムーズについてきます。何よりもカメラマンの私だけでなく大勢の人がこの周りを歩く状況なので気を使う場所が一か所になるのは気が楽になります。

20151103d さて、この「アダプター保持バッグ」としてのストーンバッグはスタジオのカメラスタンドでも使用できます。

うちのスタンド マンフロット ミニサロン190 には小物を乗せるトレ―がありますが、これらのアダプターをこの上に置いてしまうとゴチャゴチャと収まりがよくなく、それらよりも大事なもの(交換レンズなど)が置けなくなってしまいます。

トレ―を加工してフックを取り付けてもよいのですが、転がっていたかなり大きめのダブルクリップをトレーのフチ三辺に付ければなかなか収まりのよいものとなりました。

三脚のときもそうですが、何本もケーブルが垂れていると邪魔であり電源がきれてしまう危険もあるので電源コード1本のみ垂れている管理しやすい状況をつくるのは大事です。

そこそこの値段がするメーカー品のストーンバッグですが、しっかりとその金額なりの仕事をさせています(笑い)。

|

« 写り込みの調整テクニック | トップページ | ボトルバッグを小型三脚のケースに流用 »

三脚・一脚」カテゴリの記事

カメラスタンド」カテゴリの記事

コメント

お元気そうでなにより。
私の場合、パソコン死亡のためしばらくブログ更新できずにいたら
「大丈夫ですか?」なんてコメントをもらっちゃいました;^^

ストーンバッグとミニサロン、便利そうですね。
ついでにドリンク・ホルダーでもつけて給水しながら
8時間耐久、無休撮影も楽勝でこなす鉄人カメラマン
…ってのはどうでしょう?

投稿: PINK | 2015年11月 3日 (火) 23時41分

お久しぶりです。
ちょっとサボると「まあイイや」になってしまう性分なものでw

>8時間耐久、無休撮影も楽勝でこなす鉄人カメラマン
勘弁してくださいヨーw。実はまだ喫煙している古い人間ですので、飲料よりはタバコです。ちゃんと2時間に1回はタバコ休憩ですよ。

投稿: seimas | 2015年11月 4日 (水) 20時19分

私も喫煙者です。 変質者ではアリマセンっ。

投稿: pink | 2015年11月 4日 (水) 23時10分

おぉ、喫煙者でしたか。

貴ブログで直接の表現はなかったと思っていましたが、ハードボイルドミステリーなどお好きなところから、吸っておられると推測はしておりました。

最近は吸えない場所ばかりなので、出張撮影のときなどは「吸いたいなー」と思うことも多いでしょう。

投稿: seimas | 2015年11月10日 (火) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストーンバッグの有効利用:

« 写り込みの調整テクニック | トップページ | ボトルバッグを小型三脚のケースに流用 »