« クリップオン用円形ソフトボックス | トップページ | 円形ソフトボックスでボトル撮影 »

2016年1月25日 (月)

円形ソフトボックスをPL-88で使う

20160124a

 

20160124b随分過去の記事 でご紹介した、Camlight PL-88。演色性を上げた PL-H88 にモデルチェンジされており市場にはなくなりましたが、コンパクトでそこそこのパワーを持っているため、便利に使い続けています。

とはいっても、このPL-88は映像用の機器のため、スチルで使われるアクセサリーについては考慮されていません。『PL-88にピッタリなソフトボックス』の回 にご紹介したシフトボックスでは、この光量に対して大型になってしまうため、使いづらくなってしまいます。

そこで前回ご紹介の円形ソフトボックスを使おうという訳です。

20160124c PL-88の胴体径は62mm、外周が197mmなので、この円形ソフトボックスの対象のストロボと同じぐらいです。私の使っているクリップオンストロボ600EX-RTのは外周220mmなのでそれよりは若干細いのですが、十分に固定できます。

またPL-88の質量は427g(ディフューザーキャップ込)なので、140gのソフトボックスを付けてもヘッドヘビーにはならず、卓上三脚 Manfrotto 209 で十分に保持できます。

トップライトとして使用するのであれば、タイトル写真のように屈曲するアームを取り付ければ高さ、角度の調整がスムーズで、2台構成でも2台とも机の上に置けてしまいます。

タイトル写真で、右の三脚 BENRO VT1 の脚の径に比べ頭でっかちになっていて不安定そうですが、確かにこの状態より前に灯具を出すと倒れるので、その場合は脚にちょっとしたウエイトを乗せる必要があります。

 

小さいものばかりを撮るときに重量のあるモノブロックストロボ2灯で撮ろうとすると結構大がかりになります。特にトップライトを作ろうとするとブームが必要になり、ソフトボックスで行うのであればブーム反対側にウエイトも必要になります。トップを50×70cm、フロントを40cm角のソフトボックスで行うのであれば、機材はこんな構成でしょう。

20160124d

 

それがPL-88と円形ソフトボックスで行うのであればここまで簡単になります。

20160124e

機材のみのボリュームを比較するとこんなです。

20160124f

もちろん床でサポートすることから机上だけで済むことになったためスタンド類が大幅に減りますが、意外とケーブルやらスピードリングといったもののボリュームがあることがわかります。また、短時間の撮影であればACアダプター、延長コードも不要になります。(上の状況写真ではACアダプターを使っていません)

当然、大きな被写体の撮影には使えず、光量もずっと減りますから、ISO、絞りを同じで撮ろうとするとシャッタースピードは3~4段遅くなってしまいますが、光の質は同じようにすることができます。

ストロボで撮ったもの
20160124gbig

PL-88で撮ったもの
20160124hsmall

撮影状況は上の写真の通りです。この皿は25cm角なのですが、このくらいのサイズの場合は光の質を同等にするにはトップ、フロント、レフの位置をすべて寄せる必要がありました。

オートホワイトバランスで撮りましたが、若干のホワイトバランスの差があり、トップライトの大きさの差が皿への写り込みの違いとして出、手前左のレモン(ちなみに皿の上のものすべてプラスチック製のダミーです)の照り具合が同じにはできませんでしたが、このくらいの被写体であれば問題なく使えると思います。(後者 ISO400 f/8 1/20)

|

« クリップオン用円形ソフトボックス | トップページ | 円形ソフトボックスでボトル撮影 »

撮影用LEDライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/63113907

この記事へのトラックバック一覧です: 円形ソフトボックスをPL-88で使う:

« クリップオン用円形ソフトボックス | トップページ | 円形ソフトボックスでボトル撮影 »