« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月の1件の記事

2016年3月 6日 (日)

ボトル撮影 ついでの実験

20160306a

前回のボトル撮影、切り抜きがきれいで黒締めもしっかりしているため、このような黒バックでも違和感なく使える仕上がりとなります。

さて、前回の作例(下の写真)と見比べて異なる点がありますがお気付きですか?(キャップの形状ではないですよw)

20160306b
この手の黒締め、パキッとした黒ラインを入れても良いのですが、場合により、ビンの内側に向かってなだらかなグラデーションにしたいと思う場合があります。タイトル写真ではそのグラデーションを入れたものになっているのです。

離れた場所にトレペでディフューザーをつくる場合には工夫によってその手のことも可能ですが、今回のように乳半アクリルをこれだけ近づけて使っている場合には、アクリルそのものが不透明(しかも黒)から透明(乳半)までのグラデーションになっていないと無理です。

かといって世に、そのような都合のよいグラデーションテクスチュアはなく、自作するしかありません。ちょうど細長い透明塩ビシート(0.4mm厚)と、使いかけのツヤ消し黒のプラモデル用スプレー塗料があったので、グラデーションシートをつくってみました。

しかしこのスプレー、たぶん1年も放っておいたため、ガス圧がよくありません。ちょっと吹いては振り、ちょっと吹いては振りでこんなものになりました。

20160306c
ガス圧不足による超ムラムラです。ムラよりも粒状感が強いのが難点です。これを前回の乳半アクリル3面ブースの内側につけます。

20160306d
そして入れないものとその他の条件は同じで撮った結果がこちら。

20160306e
一応グラデーションが付きました。下部のラベル部分ではなかなか良好なのですが、ツヤツヤなボトルの部分では塗装のツブツブ感がモロバレですね。それ以外にも、

20160306f
乳半アクリルの途中に取り付けた塩ビシートのキワ(1)と、塩ビシートを止めたメンディングテープ(2)がしっかりと写り込んでしまいました。

いずれも予想はしていたのですが、何しろセットが小型のため、ディフューザーもしっかりとフォーカスが効く範囲に入り込んでしまっています。これが大型のセットなら、この手の写り込みはそこそこボケてくれるのですが、小型のセットでは写り込みには注意しなければなりませんね。

今回は実験だけに留め、納品カットはグラデーションシートを入れないものにしましたが、そのうちにリベンジしたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »