« 円形ソフトボックスでボトル撮影 | トップページ | 百均グッズをバッテリーポーチに »

2016年3月 6日 (日)

ボトル撮影 ついでの実験

20160306a

前回のボトル撮影、切り抜きがきれいで黒締めもしっかりしているため、このような黒バックでも違和感なく使える仕上がりとなります。

さて、前回の作例(下の写真)と見比べて異なる点がありますがお気付きですか?(キャップの形状ではないですよw)

20160306b
この手の黒締め、パキッとした黒ラインを入れても良いのですが、場合により、ビンの内側に向かってなだらかなグラデーションにしたいと思う場合があります。タイトル写真ではそのグラデーションを入れたものになっているのです。

離れた場所にトレペでディフューザーをつくる場合には工夫によってその手のことも可能ですが、今回のように乳半アクリルをこれだけ近づけて使っている場合には、アクリルそのものが不透明(しかも黒)から透明(乳半)までのグラデーションになっていないと無理です。

かといって世に、そのような都合のよいグラデーションテクスチュアはなく、自作するしかありません。ちょうど細長い透明塩ビシート(0.4mm厚)と、使いかけのツヤ消し黒のプラモデル用スプレー塗料があったので、グラデーションシートをつくってみました。

しかしこのスプレー、たぶん1年も放っておいたため、ガス圧がよくありません。ちょっと吹いては振り、ちょっと吹いては振りでこんなものになりました。

20160306c
ガス圧不足による超ムラムラです。ムラよりも粒状感が強いのが難点です。これを前回の乳半アクリル3面ブースの内側につけます。

20160306d
そして入れないものとその他の条件は同じで撮った結果がこちら。

20160306e
一応グラデーションが付きました。下部のラベル部分ではなかなか良好なのですが、ツヤツヤなボトルの部分では塗装のツブツブ感がモロバレですね。それ以外にも、

20160306f
乳半アクリルの途中に取り付けた塩ビシートのキワ(1)と、塩ビシートを止めたメンディングテープ(2)がしっかりと写り込んでしまいました。

いずれも予想はしていたのですが、何しろセットが小型のため、ディフューザーもしっかりとフォーカスが効く範囲に入り込んでしまっています。これが大型のセットなら、この手の写り込みはそこそこボケてくれるのですが、小型のセットでは写り込みには注意しなければなりませんね。

今回は実験だけに留め、納品カットはグラデーションシートを入れないものにしましたが、そのうちにリベンジしたいと思います。

|

« 円形ソフトボックスでボトル撮影 | トップページ | 百均グッズをバッテリーポーチに »

撮影小ワザ」カテゴリの記事

コメント

液晶ディスプレイ3枚つかって同じようなことできませんかね?

投稿: | 2016年3月 7日 (月) 12時52分

>液晶ディスプレイ3枚つかって

これ私もずっと前から思っていることなんですよ。明るさが足りないのは目をつぶるとして、バックのマスクが自動的に生成されたら素晴らしいし、左右のグラデーションなんて簡単にできてしまうので楽ちんなんですが。

ただ液晶ディスプレイは、撮影用ライティングには決定的に不利です。演色性が悪すぎます。

照明には適切と思われるまっ白の画面(#FFFFFF)はRGB三原色で発光しているため、中間色スペクトルに大きな谷ができています。三波長の蛍光灯より深い谷ですから深刻です。

試しにスペクトロマスターC-700でウチのDELL U3014を測ってみたところRa50。R8(赤みの紫)が-2.8、R9(赤)に至っては-100なんて数値です。

この液晶ディスプレイの照明下での換算ソフトを含めたシステムがあれば撮影にもつかえるでしょうけれどもねぇ。残念

投稿: seimas | 2016年3月 7日 (月) 16時24分

トレペにグラデーションを作って壜に写り込みを作る方法はどうだべ? 
と私も過去にイメージしたことはありますが、実践には至らず。
今回の記事もスバラシイ! 参考になります。

ストロボとトレペの間に黒い紙や板をおいて影をつくり、
トレペのキワ部分がクッキリしないようにする方法はときどき使います。

幸いなことにワタクシの作業場はソコソコ大きいセットを組めるのですが、
それゆえに、ちょっと手を加えようとしても大がかりな作業になります。
痛し痒し^^

投稿: pink | 2016年3月 7日 (月) 22時13分

演色性は考えがおよびませんでした。ディスプレイとしてはスペクトルが鋭い方がいいですからね。
プロジェクターの光源を白熱灯かHMIに付け替えるとか、ライトブラスターかなぁ。

投稿: | 2016年3月 7日 (月) 22時28分

pink様

>ストロボとトレペの間に黒い紙や板をおいて影をつくり
まあ、これが王道でしょうね。あとストロボの「引き」。
なのでスタジオ撮影は
>作業場はソコソコ大きいセットを組める
のが大事なんですよね。

それを踏まえた上で、私のように狭い撮影環境でどうやって撮るか、色々考えるのが好きだったりしますw

投稿: seimas | 2016年3月 7日 (月) 22時35分

名無し様(失礼!)

>プロジェクター
>ライトブラスター

なんか面白そうですね。「投影する」って発想はありませんでしたが、完全な「黒」が実現できるのならありですね。

特に「ライトブラスター」、ブツ撮りに利用するなんて発想がありませんでしたので、知ってはいますが、購入なんて考えてみたこともなかったです。実験用に買ってみようかな。

投稿: seimas | 2016年3月 7日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/63309316

この記事へのトラックバック一覧です: ボトル撮影 ついでの実験:

« 円形ソフトボックスでボトル撮影 | トップページ | 百均グッズをバッテリーポーチに »