« LED電球 Sh50Pro | トップページ

2018年1月 2日 (火)

謹賀新年 そしてSh50Pro

20180102a

 

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

LED電球Sh50Pro、さっそく上の年賀写真に使ってみました。非常に小さいガラス製の犬の置き物なのでこの丸い電球表面に乗ってしまいました。

 

さて、前回の記事で予告の通り、このSh50Pro用の天トレシステムをご紹介したいと思います。全体像はこんな感じです。

20180102b

ディフューザーは過去にご紹介したサベージのアートレタイプのディフューザー です(中サイズ 580×830mm)。その時にお伝えしたように両エンドにアルミパイプをつけているのですが、それをピンと張るためにちょっとしたパーツを追加しています。

20180102c

過去に使用していた安いアンブレラだったかソフトボックスだったか、壊れたのでパーツのみとっておいたFRP製の骨材(一般の傘でも使われているヒンジがついたもの)があったので、そのヒンジ部分同士をアルミ線でつないで、アルミパイプの中を通しています。アルミ線であれば骨が強く開く力に負けずにしっかりとディフューザーを平らに保持できます。

20180102d

そして、4mmの骨(芯)に対応したスピードリングに挿せば、汎用のものになります。小生の使用のストロボ関係はボーエンズのアタッチメントがほとんどなのでこのリングもボーエンズ対応です。

20180102e

さて、LED電球Sh50ProはE26ソケット仕様ですので、一般的な電球ソケットが使用できます。小生も照明業界にいたため安いソケットパーツの入手方法は良く知っているのですが、ソケットを何かに取付するとなると照明器具用の一般パーツでは面倒で、やはり写真用品のものが便利です。ずっと昔から白熱電球のレフランプが写真用で使用されているため、写真用品メーカーからもソケットが出ています。

過去何個か持っていましたが、一旦処分してしまい、改めてこれ用に買ったのは定番の LPL MS-12 です。カメラ用子ネジに対応しているので応用が効きます。そして、どこで買ったどこのメーカーのものか忘れましたが、クリップオンストロボにソフトボックスなどボーエンズ仕様のストロボ用品を取り付けるアタッチメントのパーツをいくつか(写真中の丸部分 写真は参考 似た製品が色々ありましたが、いずれも今は入手困難か)と、panproductの自由雲台PowerBlack を合体させた灯具を自作しました。

20180102h

これらで軽量なものを作ったつもりでしたが、それなりに重量が増えてしまいました。ちなみに加工はネジ穴3か所(リング状のパーツにL字型のパーツを付けるための5mmネジ穴2か所と自由雲台に挿すための1/4ネジ穴1か所)のみで済んでいます。

20180102g

ランプそのものは376gと非常に軽く、また自作ディフューザーも約100gなので、灯具を軽くしてブームも簡単なもので済ます予定でしたが、灯具が550g、スピードリングが380g とトータル約1.4kgにはなります。それでもストロボに比べれば非常に軽いので、かなり華奢なブームで十分に対応できます。

20180102f

前回お問い合わせをいただいたブームとブームスタンドについては次回にします。

 

|

« LED電球 Sh50Pro | トップページ

撮影用LEDライト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/66234052

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年 そしてSh50Pro:

« LED電球 Sh50Pro | トップページ