« Sh50Pro用システム つづき | トップページ | コスパが凄く良い三脚 CHIHEISENN MT-215B »

2018年2月18日 (日)

TEEDAミニウエイトの便利な使い方

20180217a

 

20180217b 前回、自作(改造)ブームのウエイトとして TEEDA ミニウエイト 278gTE-SW-2を使っている説明をしましたが、本来は右のイメージのようなスタビライザーの補助ウエイトです。

しかし、上下が1/4のオスメスのネジになっているため、撮影用の様々な使い方ができます。

まず、右のようなスタビライザーは使わないのですが、動画撮影でリグシステムを組んでオンショルダータイプで使う時のバックエンドのウエイトとして使っています。

ショルダーパッドも含め安いロッドシステムを持っているのですが、後ろが軽いとグラグラしがちです。そこでロッドのエンドキャップに1/4のメスネジを切って、このウエイトを取り付けています(写真の水色のパーツがエンドキャップ プラ製なので加工は簡単)。

20180217c

ここにウエイトを付けるだけで本体の安定度がかなり上がります。ロッドシステムによっては専用のウエイトが用意されているものもありますが高価なので、私にはこれで十分。

そしてブツ撮りスチルにおいても面白い使い方をご提案。

20180217d 重さが約280グラムあり、円筒形をしているので、軽量な物のベースプレートとなります。

「黒締め」に限らず、被写体に写り込ませるものをサポートするのに、ミニ三脚では三脚自体が写ってしまい困ることはよくありますが、このウエイトならフットプリントが小さいため、邪魔になりません。

右の写真のように黒い段プラ(10cm×24cm)を常備しているのですが、これをミニ雲台で角度を自由に変えられるようにしてステージの上に置くときにこのウエイトが非常に役立ちます。

段プラなのでセンターに適当に穴を開ければ、雲台のカメラネジをグリグリ回して固定が可能です。

20180217e

そして支柱は10mmのアルミパイプ。細いパイプの先に1/4ネジを取り付けるテクニックは様々ご紹介しましたが、この場合は1/4オス→3/8オスに変換するネジを打ち込んでいます。

20180217f

オスの側は、それに1/4の寸胴ネジをネジ込んであるのですが、全長20cmのこの「延長パイプ」はこれ以外にも様々な使い道があることは容易にご想像がつくと思います。

このスタンドで保持した黒板はつい最近の撮影ではこんな風に使いました。

20180217g

ラミネートのボトルでできた補充用の液体(シャンプーとか洗剤とか)は最近種類が増えましたが、キャップ部分が乳半色のため、白バックではバックに完全に溶け込んでしまいます。その部分のみ若干翳らせたかったので、この道具でアンダー目にしてみました。スタンド部分は画角の外ですし、画角に入った黒板は修正で消します。

ステージ上に置く様々な保持具のひとつとして便利に使っています。

|

« Sh50Pro用システム つづき | トップページ | コスパが凄く良い三脚 CHIHEISENN MT-215B »

その他機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568331/66405209

この記事へのトラックバック一覧です: TEEDAミニウエイトの便利な使い方:

« Sh50Pro用システム つづき | トップページ | コスパが凄く良い三脚 CHIHEISENN MT-215B »