« 使用機材の現状 雲台編 -1 | トップページ

2019年3月11日 (月)

使用機材の現状 雲台編 -2

2019031000

 

細く軽量の三脚は、簡単なブツ撮りに主に使用するため、雲台は軽量の3ウエイ雲台が良いのですが、アルカスイスクランプを持ったもので軽量・良質のものはなかなか見当たりません。中国の無名ブランドの著しく安いアルカスイスクランプのものもアマゾンで購入して実験をしてみたのですが、様々な部分の出来がよくありません。

2019031001 そこで改造してアルカスイスクランプを取り付けるのに最適な雲台として、ベルボンの3WAY雲台 PH-G40Dを選びました。

質量が438g というかなり軽量でありながら推奨積載が3kgとなっている一眼レフでも問題なく使えるモデルです。

ベルボン独自のクイックシューを採用していますが、その構造が簡単で、アルカスイスクランプに取り替えるのに加工が楽であろうと予想しました。なにしろマンフの410を加工した際 にも"それほど大変な加工"ではなかったものの、苦労したので、今回は”簡単な工作”で済むものを所望していたのです。

 

PH-G40Dのクイックシューをはずすと、かなり広い平面があります。

2019031002

クイックシューの固定/解除レバーの取付も割と簡単な仕組みです。

2019031003

コの字になった3方の囲みの内部は幅39ミリが確保できるので、ここに市販の若干巾の狭いクランプがネジで固定できそうです。幅38ミリのものでは NEEWER DC-38Q などがありますが、ウチには他の雲台から取ったクランプでちょうどよいものがありました。CHIHEISENN MT-215B の雲台は出来があまりよくなく、この回 にご紹介したように、クランプを入れ替えて別用途に使っており、そのクランプがちょうど余っている状態です。

2019031004

ノブが短いタイプなのでそのまま載せてもノブの辺りが平面に当たってしまいます。一方で、クランプの高さは、雲台の3方のヘリより十分高いので、ヘリは削らなくて済みます。

2019031005

雲台の平面左後ろには水準器があり、それまで無くしてしまうのはもったいないため、そこを残した若干複雑なカットでクランプのノブに当たる部分を無くし、センターにネジ穴(M5)を開ければ加工完了です。

2019031006

 

非常に収まりの良いクランプがついた軽量雲台が完成です。質量425gという、アルカスイスクランプを持ったもので、標準レンズレベルの一眼レフにも耐えうる雲台としてはかなり軽量のものでしょう。

2019031007

 

2019031008 そしてもう一つ、かねてから「こんな雲台、便利だよね」と思っていた機能を追加する加工も施します。

3ウエイ雲台だと、大体の機種はベースの上にまず上下ティルト軸があって左にティルトノブが付いています。その軸のカバー部分にカメラネジがあると、例えばタイトル写真のようにモニターをここに取り付けるといったことができます。

しかし、このカバーは簡易にはまっているだけのプラスチックのキャップなので、ここもそれなりの加工が必要になります。

2019031009

カメラネジを持った細いシルエットのネジとして、カメラ底面にストラップを付けるためのOリングがあったので、そのネジ部分をプラキャップに裏から固定(キャップにはネジを切り、なおかつ堅固に接着固定)し、キャップも本体にしっかり固定するため、3本の小さいネジのため周囲に穴をあけ、本体側にも受けの穴あけ加工(本体のこの部分もプラスチックのため、木ネジで固定することにしました)を施します。

2019031010

 

そしてすべての加工が済むと便利な雲台の完成です。このキャップ部分は本体側に固定されているものなので、雲台を上下にティルトとしてもこのネジは回転しません。

モニターの固定時も、カメラをティルトしても見やすい状態が保てます。

2019031011

最近の出張ブツ撮りでは、この雲台を付けたGT0532に、ミラーレスSONY α7IIIにTS-E90(マウントコンバーターはMETABONES MB_EF-E-BT5)を持っていくのがメインのパターンとなりました。

|

« 使用機材の現状 雲台編 -1 | トップページ

その他雲台」カテゴリの記事

雲台アクセサリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使用機材の現状 雲台編 -2:

« 使用機材の現状 雲台編 -1 | トップページ